真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

N国党 立花氏の書類送検に関する、周辺の道徳心

普段、消費税や年金問題、格差圧縮に力を入れているのですが、
いつもと違う傾向の投稿です。

昨年、立花孝志さんが、二瓶氏によって、書類送検をされました。
これに関して、私の考えを書きます。

二瓶氏と言うのは、N国党から、公認をもらって当選した地方議員です。
ある日、音信不通になって、N国党をやめてしまった人です。
立花氏が、選挙支援をして、この様な事態に発展したので、
立花氏は、二瓶氏に連絡をする様に呼びかけていましたが、
連絡がなかったので、自身の動画でキツイ感じで呼びかけをしていました。

こうしたことを脅迫と言う捉え方をした様です。
ただし、実害もなく、金銭が絡む様な形での強要なども、発生していません。

そこで、私が、議員を目指す方の「心構え」に関して思うことがあります。
これは、N国党さんに関してだけではなく、いずれの政党に関して同じことだと思います。

公認もらったら、戦うフィールドを提供された訳じゃないですか?
無名の方を拾ってくれたのだから、その恩義に報いる活動をするのが、筋ではないでしょうか?
というか、人の礼儀じゃないですかね?

公平に、どこの政党でも、そうだと思います。

世の中には、世直しをしたくてウズウズしている人が沢山います。
公認ももらえず、途方に暮れている方も沢山います。
そんな中、無名の人を拾ってくれているのは、大きな機会を与えられているのではないですか?
都合が悪くなったら、フェイドアウトって言うのは、どうかなと思います。

よく、零細や中小の経営者が、失望することがあります。
人を信じて採用したら、相手に裏切られるケースです。
そう言うことを、何度も何度も、繰り返されると、どこの経営者も人間不信になります。
結果、採用基準を引き上げたり、人に厳しくなったりします。

本来、そこまでいかない状態で、信頼関係があり和やかな感じで進捗すれば、それに越したことはないです。

何か、議員になることが、バイト感覚と言うか、コンビニ感覚になると言うか、
せっかく有権者が期待して、投票しても、その思いにも応えない様な人までいて、逆にどうよ?
と思えて来ます。

繰り返しますが、世直しをしたくてウズウズしている方でも、公認をもらえない人もいるんです。
自身が、幸運を手にした側だと自覚出来れば、考え方は違って来るんじゃないですかね。

・・

政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

真実の政治家(保守派通信) ツイッター
https://twitter.com/seigi_shinjitu

諸悪と対峙し、より良い日本を目指します。
国政に影響を与える為にも、ご支援をお願いします。

ゆうちょ銀行

記号 11380
番号 08870571

他の銀行からの場合
店番 138
口座 0887057

レイワヤマトカイ
れいわ大和会