真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

免疫抑制剤に関する、病院への提言

免疫不全系の病気となると、
必ず、免疫抑制剤の使用が言われます。

しかし、免疫を抑制すると、がん細胞の増殖も
抑制出来なくなり、ガン化する方が多いです。

薬の副作用からのガン化は症例が少ないのですが、
これには理由があります。
医師が副作用だと認めたものだけが、症例としてカウントされます。
なので、少ない様に感じるだけで、実際には沢山の方が癌になっています。

普通、医師が副作用を認めないのには理由があって、
ガン化の件から、訴訟に発展する恐れもあるので、副作用を認めないです。

副作用を認めたら、訴訟に負けます。

そこで、私が、病院側に提言していることがあります。
IBDで有名な病院にも、提言しています。
治療は、確実に選択制であるべきだと言うことです。

今のところ、あたかも流行の様に、免疫抑制剤を勧めていますが、
患者が、ガン化を避ける為に、別の治療を申し出た場合、
快く快諾して欲しいと述べています。

別の治療 = 食事療法 = 栄養療法

西洋では、免疫不全を起こす食事を食べて、
免疫抑制剤で、抑え込むのが普通です。
この例に習った治療を、スタンダードの様に考える人たちもいます。

そうではなく、免疫不全を引き起こす食事を改善して、
免疫抑制剤を使用せず、ガン化を回避するのが、一番であると主張します。
(私の言う、IBD天動説・地動説を思い出してください。)

IBDで、直腸のガン化があった場合、直腸の全摘を余儀なくされます。
これは、明らかな損失です。

実際には、副作用からであっても、人生を保証してくれる訳ではありませんし、
そこからの出来事は、自分持ちになってしまいます。

有名な免疫抑制剤の医師向けマニュアルには、
以下のことが書いてあります。

・この薬を使っても完治しないこと
・症例として悪性腫瘍が発生したこと

などです。
医師は、使用前に患者への説明をする様にと記載されていますが、
多くの場合、副作用は割愛されています。

私から、こうしなさいと命令は出来ません。
しかし、ガン化を避ける為の提言は出来ます。
今ある常識から、違った目で眺めてみるのは如何でしょうか。

IBD 癌を避けるには、免疫抑制剤を使用しない
https://www.youtube.com/watch?v=aTDa3cJD0xM

免疫抑制剤を使用しないで「寛解維持」する確実な方法【超有料級】
https://www.youtube.com/watch?v=I3QcFj_iEFE

・・

グラフィックデザイナー 兼 アートディレクター、CM-BGM作家です。
IBD、脳、こころの問題を研究しています。
政治問題の、エキスパートでもあります。

※日本国や国民が良い方にいって欲しいと思い、自腹を切って活動しています。
持ちつ持たれつで、ツイッターや動画にフォロー頂けると嬉しいです。
それだけでも、自分のやる気が向上します。

真実の政治家(保守派通信)ブログ
https://shinjituno-seijika.hatenablog.com/

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

真実の政治家(保守派通信)ツイッター
https://twitter.com/seigi_shinjitu

私のユーチューブ
https://www.youtube.com/channel/UCvVG06luCe-Fs8dBWhQdjpw

IBD動画マンガ
https://www.youtube.com/channel/UCpbbN3P-WExBDIWUGiXn5ZA

当チャンネルは、皆様からの視聴料から成り立っています。
頂いた視聴料は寄付として、社会問題の解決や難病の方の立場向上など、
世直しに使わせて頂きます。

ゆうちょ銀行

記号 11380
番号 08870571

他の銀行からの場合
店番 138
口座 0887057

レイワヤマトカイ
れいわ大和会