真実の政治家 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

【不整合】そのストレス説に異議あり!

ameblo.jpよく免疫不全は、ストレスやこころの問題から起きる、
という説があります。

これに異議あり

冷静に考えてください。
単にストレスからなら、戦前にも病気になりますし、
それこそ原始時代にも、なります。

f:id:shinjitunoseijika:20191230175137j:plain

大きなポイントとして、戦後からの現代病です。
しかも、有害物質の拡散と正比例していることは、
何度も、お伝えして来ています。

有害物質が、腸内環境を壊して、病気耐性を失わせている。
そしてDNAスイッチをオフにしているのが真実です。
そもそも自己免疫不全運動は、化学合成物質へのアレルギー反応です。
化学合成物質を、敵と判断して、攻撃命令が出ます。

これが、自然物なら、対象がやられて消えますが、
化学合成物質は、いつまでも消えないので、攻撃命令が止まらないんです。
なので、自身の細胞が自身に食われるようになるんです。
これが炎症になり、潰瘍になります。

単にストレスからなど、免疫不全にはなりません。
もう一度、免疫不全のプロセスを理解することで、捏造に騙されなくなります。

ちょっと待って、再燃している人がいるじゃないか?
ストレスでしょ?と言いたい人もいますね。
再燃している人は、有害物質が含まれる食事を普通にしています。
安全食ばかり食べていて再燃している訳ではありません。

再燃因子のある、食事をしていることに注目してください。
ここ、とても重要です。

ストレス説を語る人は、難病の方を商売に利用しようとしているところがあります。
もし、ストレスが原因なら、原子時代にも病気になるじゃないですか?
マンモスに追われて、踏みつぶされそうになったら、
大きなストレスになります。

獲物をめぐって、仲間同士、あるいは他の部族と戦いになったら、
当然にストレスになります。
じゃあ、その人たちは全員、免疫不全になったのですか?
ストレスから免疫不全になるなんて論は、ナンセンスそのもの。

戦前の世界恐慌や、第一次世界大戦だって、現在の人が体験する以上の大きなストレスです。
そのことを冷静に考えてみてください。

本当に、ストレスからなら、戦前からとっくに免疫不全になっています。

潰瘍性大腸炎をはじめ、多くの難病は、戦前に0人じゃないですか?
こと免疫不全に関しては、そうです。
いい加減に、商売のための論に釣られれない方がいいです。

年中、ストレス、ストレスと述べて、故意にストレスを
意識させようとしています。
海外に肩こりが存在せず、日本に来て、肩こりという言葉を聞いて、
過剰に、肩に意識が行くのと同じで危険です。

ストレス説は、見直しが必要です。

免疫力が下がるのは、ストレスではなく、
化学合成物質で、腸内環境が壊れている方が、はるかに大きんです。

大事なことなので、おさらいします。
ストレスが原因で再燃していると述べている人の、ほぼ全員が、
免疫不全になる、有害な食事をしているんです。
やめていないんです。
このことが何を意味するのか、考えた方がいいです。

人が悪いのではなく、有害な食事を認可している政府に問題があります。

コンビニ弁当の売れ残りを、豚に与え続けたら、豚が死んだり子供が奇形になったんです。
単に、気のせいの訳もないでしょう?

#クローン病 #潰瘍性大腸炎 #自己免疫疾患 
#難病 #闘病記 #消化器内科 #寛解 #完治 
#栄養療法 #グラフィックデザイナー
#クリエーター #免疫力 #リウマチ #アトピー