真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

アメブロの住人への嫌がらせ

アメブロハッシュタグランキングは意図的で、
気に入らないと直ぐに外されてしまう。
ソ連や、共産圏の粛清みたい。
韓流ゴリ押しのアメブロなので、生粋の日本人が嫌いなのでしょうか。

免疫不全、ストレス説は古すぎている

ameblo.jp本題、
 
ストレス説は、もう古いです。
 
ストレスが原因だと言ってる方の殆どが、
医師の止める禁止食をたべて再燃しています。
 
そして、ストレス説を主張する人には、
大きな理論矛盾があります。
ストレスが原因なら、ストレスを省けばいい訳で、
あなたが難病を主張する理由は何ですか?
 
では、ストレスさえ省ければ、あなたは医療券を返上しますか?
 
これから寛解を目指す人は、真実を見極めることが大事です。
真実を理解する為に何度も言います。
 
ストレスは、一時的な免疫不備を起こしますが、
あくまでも一時的なものです。
慢性的な免疫不全は、有害な化学物質を敵として判断し、
攻撃細胞が、攻撃をし続けることから起きます。
これを、自己免疫不全運動と言います。
 
・一時的な免疫不備
・慢性的な免疫不全
 
は、全くの別物です。
さらに、理論破綻があることを主張します。
 
ストレスから、免疫力が落ちるから、病気になる。
この主張は、大きな理論破綻です。
免疫力が落ちて病気になると言うのはウイルス感染とかなら分かります。
IBDをはじめとする、免疫不全は、ウイルスではなく、
有害な化学物質を攻撃することで起こる病気なんです。
 
では、なぜストレス説ばかり言う人がいるのかというと、
自身が、医師の引き止める禁止食をたベる口実を設けたいからです。
その証拠に、有害な食事をして、頻繁に再燃している人がいるじゃないですか?
 
ストレスが、原因なら食事は関係ないのでは?
 
薬物寛解にも関わらず、自分の理論が正しいと思っていたりしますが、
薬物寛解は、代替え医療ではなく、十分に西洋医学です。
 
代替え医療の意味が分からない人は、辞書を引きましょう。
 
まとめ
ストレス説を主張するのは、10年、20年古いです。
ストレス説を大声で言っている人が、なぜ有害なものを食べて
再燃をしているのかを、これからの治療を考える人は、参考にするべきなんです。
 
あと商売でやっている人には、嘘が多い。
裏で、食事療法でやっているのに、それを正直に語ると商売にならない、
自分の特別なパワーで完治した、寛解したと、言っている人もいます。
 
私は言いたい。
本気で、寛解したいのなら、求道心、真実への追求が必要です。
 
また、ストレス説を言っている人は、自爆をしています。
たかだか、ストレスごときに、国費が投入されているのですか?
単にストレスが原因なら、国の認定なんて不要でしょう?
 
あらゆる部分に理論矛盾や破綻があります。
そんな考えを参考にしていては、無限ループから離脱出来ませんよ。
 
ストレスが原因で、暴飲・暴食をして、
医師の止める禁食をてんこ盛りで食べて再燃している人は多いです。
つまり、ストレスそのものではなく、2次的要因で、有害な食事から、
大きなストレスが発生しているんです。
 
有害な食事が、体内に入れば、胃や腸も不快でありストレスになります。
化学物質が、脳に直接に作用して、衝動的になります。
怒りっぽくなる場合もあります。
化学物質は、自然のものと違って、脳に直球なんです。
 
そして、
 
目先のストレスか、それとも本当に大きなストレスかです。
再燃して、入院したら、さらに大きなストレスじゃないですか?
わざとリタイヤしたいのなら別ですが、普通の人には、
再燃と入院からなる損失は、大きなストレスです。
 
目先なのか、その後に来ることなのか、
どちらをより大事にするかです。


#難病 #クローン病 #潰瘍性大腸炎 
#腸ベーチェット病 #アトピー #膠原病 #リウマチ 
#自己免疫疾患 #消化器内科 #循環器内科
#ADHD #ASD #出会い #恋愛