真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

山本太郎が意識していない、安倍のお金の使い方

山本太郎氏・れいわへ政権交代で「消費税廃止」「奨学金返済チャラ」を実現できる
(Business Journal - 08月13日 19:11) http://mixi.at/ad7aTWy

左翼安倍が、海外に50兆円バラまいていること。
外国人留学生に、年間180億円も注ぎ込まれていることに触れるべきで、その資金を国内に投資出来たら最高なんです。

山本太郎は、MMTを利用して、お金を生み出すことを述べています。
その挑戦が、おかしいとは言っていません。
それ以前の問題として、どうしても国民が納得できない部分があると思います。

海外に50兆円もバラまいて、なんでこんなに国民を叩くのかと、
なにもMMTを始動せずとも、外国人留学生に当てている、年間180億円を日本の学生に当てたら助かりますよね?
れいわも、共産党も、こう言う部分に意識がいかないのは、何故なのでしょうか。

海外に、バラまかれている巨額を、国内に投資出来ることがあったら、年金問題とか解消されますよね?
単に出来ない、出来ないを連呼するんじゃなくて、じゃあどうやったら出来る様になるのかとか、
最良の方法はないのかどうか、考えるのが人間じゃないですか。

民主党政権の時に、ODA適正会議を設置して、無駄を省いて浮き上がった分を、
東北支援に当てると言う、ことを推進したんです。
こう言う発想が、現実的にあったのですから、安倍がやる気がないのだと言い切れるでしょう。

参考記事:

国民には負担増で圧政、海外には巨額バラマキの愚
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20180707#p1

NHKの紅白は、政権によって出演者が変わるのか

こんばんは

日本大和です。

以前、民主党政権の時に、
紅白に、韓流が出演していることが気に入らないとして、
視聴者から抗議があったとろこ、韓流の出演を止めたことがあります。
視聴者は、お金払っているんだから、韓流を紅白でみたくないと…

民主党政権の時には、日韓会談で竹島に言及したり、
竹島単独提訴を準備したり、イの天皇陛下侮辱発言に、制裁を言ったり、
また、慰安婦問題に関しても、偏向に関して、事実と乖離していると明言しました。
そして、日韓野球で、日本が大勝したりと、日本人が日本人らしくいられたんです。
日本人が、やれば出来ると自信を持っていましたね。

ところが、左翼安倍政権になってから、
竹島単独提訴を潰したり、朝日の虚構を不問にして、韓国に10億円払うことを決めたり、
時代錯誤とも言うべき、外交の後退をさせたんです。
イやムンの天皇陛下侮辱発言に関しても、不問にしてしまうんです。

そして、NHKの紅白に、韓流が再登場するんです。

なんですかね、これ?

民主党政権の時には、韓流なんかを出すのなら、日本人の新人をもっと出してあげればいいじゃないか!
と声があがっていたんですよ。
なぜ、左翼安倍政権になると、紅白に韓流復活なのかと思います。
左翼安倍と夫人が、韓流肯定なのを良いことに、復活したのでしょうか?
左翼自民が、電通を贔屓にしているから、こうなったのでしょうか?
いずれにしても、政権によって対応が違うのは、おかしいですね。

慰安婦問題、反日は「争うことが生き甲斐」の団体

☆「慰安婦をたたえる日」 ソウルに新たな像を設置 韓国
韓国では14日、政府が制定した「慰安婦をたたえる日」という記念日にあたり、ソウル市内に慰安婦問題を象徴する像が新たに設置されるなど、市民の対日感情がさらに悪化することも予想されます。

韓国政府は、1991年に元慰安婦の女性の1人が初めて公の場で証言した日にあたる8月14日を、去年から「慰安婦をたたえる日」と制定し、14日は各地で関連の行事が行われました。

このうちソウル市では、中心部の繁華街に近い地区で慰安婦問題を象徴する像の除幕式が行われ、閣僚や元慰安婦の女性などおよそ100人が出席しました。ソウル市によりますと、像は、韓国、中国、フィリピンの慰安婦を表現しているということで、市民が像の手をとって記念撮影できるようになっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190814/k10012035371000.html

☆韓国で「慰安婦をたたえる日」 文大統領「国際社会と共有」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190814/k10012034681000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

(解説)

なぜ、韓国の反日団体(韓国政府も含む)が、慰安婦問題を、中国、フィリピンを含む状態にしているのか。
これは、明らかに日本叩きに、中国やフィリピンも参加させた上で、行おうとしてのものです。
分かり易く言えば、

「日本を一緒に叩いてくれ!」

と言う意味なんです。
こうした、嫌がらせこそが、彼らの生き甲斐になっていることに、異常性を感じます。

左翼である、安倍政権に関しては、以下の失点(自爆)が悔やまれます。

慰安婦問題は軍の強制があったと明言
・朝日虚構を不問として韓国に10億円払う

この、味方のゴールに、自分からボールを蹴り込む様なやり方は、明らかな間違いです。
左翼安倍自ら、韓国の反日団体の言い分を正当化しています。
かれらの言い分が、正しいと証明してしまっているんです。
過去に於ける、河野談話、小泉談話、なども日本にとって大きな国益の損失です。

韓国の中には、反日団体の主張が間違っていると主張している人たちもいます。
反日は、故意に日韓関係や、国際関係を壊している諸悪と考えて、注意喚起している勢力もあります。
これまでの、安倍の動きは、こうした人たちの妨害でもあります。

保守派通信では、社会の平和を望んでいます。

しかし、安易に、朝日新聞の虚構を認めたり、反日の言い分を認めることが、
平和を作ることとは、思っていないです。
日本に対する、嫌がらせを回避してこそ、得られる平和もあります。
日本の政治家は、あくまでも、日本からの視点で問題解決を計るべきです。

実際には、問題と言いますか、相手からの一方的な嫌がらせの状態になっていますが。

 

政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

日本国保守政治総合研究所
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858

日本国保守政治総合研究所 ツイッター
https://twitter.com/seigi_shinjitu

シルバー支援の税金は、年配者の年金上乗せに

こんばんは

日本大和です。

年配者に、仕事を斡旋することを国策として行われています。
多額な税金が、年配者に仕事を斡旋する業者に流れています。

事例:
都内某区であれば、7000万円の支援金+国費=年間 です。
同種の事業所が、区内に何カ所かあります。
これが、都内で23区分、
さらには、全国展開です。

国策なので、全国にあります。

この巨費がありながら、年配者が働かせられているんです。
それなら、年配者の年金に上乗せするべきです。

年配者が言います。

年金が少ないから、仕方なく働いているんだ。
お金がなくて生活が立ち行かないんだ。と…
と言うことなら、なぜ無理矢理、年配者を働かせることばかりなんでしょう?
年配者に、仕事を斡旋する業者は、事実上の天下り先じゃないですか。

年配者をいつまでも働かせる為の機関に、巨額な税金が湯水の様に流れているんです。
そんなこと、一般国民も、年配者も望んでいません。

それこそ、良い意味での既得権ではなく、悪い意味での既得権でしょう。
既得権のすべてが悪ではありませんが、これは悪の典型です。
社会悪です。

真実の政治家(保守派通信)には、大きな主張があります。

・消費税0及び、減税
・年配者への年金上乗せ及び、受給年齢の引き下げ
・身障者や難病の方々の取り扱い改善
・身障者や難病を生み出す、有害物質の根絶
少子化改善に繫がる)

社会保障に関する、改善すべき点の大きな柱です。

消費税を引き上げて、消費鈍りを故意に起こさせて、日本の庶民を叩く。
実におかしな仕組みです。

上記これらを、何度も国政・行政などに提言しています。
簡単には、改善されませんが、しつこく改善を求めています。

「日本大和さんの言うとおりですね」

とは、なりませんが、今後も交渉はしていきます。

戦後日本、GHQの洗脳後遺症

敗戦から74度目の夏。

 全ての戦争被害者の皆さまに哀悼の意を表すとともに、ご遺族の皆さまにお見舞い申し上げます。

 間違った判断の連続で、自国のみならず、アジア諸国にも甚大なる被害を与えた過去。この反省を未来永劫(えいごう)続けることが、私たち、そして政治の責任と考えます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00000507-san-pol

(解説)

どこの国でも、自国を中心に史観が存在します。
間違った判断は、米・英・露・中にも存在しています。

ちなみにドイツ人は、こう述べています。

かつてのドイツは酷かった。
けれど、今のドイツは違う。

ナチス党は、悪いことをしたかも知れないが、
今のドイツは、ナチス党ではない。

昔のドイツ人と、今のドイツ人は違う。

と…

安倍が、国会に於いて、慰安婦の方を思うと大変に心が痛むと述べています。
しかし、済州新聞の見解、朝日新聞の捏造を、一切無視してのものです。

韓国、済州新聞の見解を無視して、軍の強制があったと捏造したのが、安倍なんです。

また、どの様な成り立ちで、戦争に突入していったのかを知れば、
一概に、日本が悪いと言うだけでは、収まらなくなります。

70年経過しても、さらにはその先でも、
実際に戦争にも参加していない人が、日本が悪いと主張し続けることには違和感があります。
それこそ、NHKの偏向などと言えないのが、安倍であり、同じ思想の持ち主ではありませんか?

山本太郎のところに関しては、消費税減税、人を救うと言う部分に関しては、
とても大きな共感をするのですが、それ以外の部分で、
人を追い返す様なところがあると思うので、損だと言えます。

 

政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

日本国保守政治総合研究所
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858

日本国保守政治総合研究所 ツイッター
https://twitter.com/seigi_shinjitu

日本国「停戦の日」に思う

無条件武装解除をした日本。

Dマッカーサーが、
「日本は無条件降伏をした」
と報道に向けて言ったことから、無条件降伏が定着した。

Dマッカーサーの発言は、プレス向け。

さて、なぜ大東亜戦争に日本が突入したのかですが、
これを説明しましょう。

中国大陸に於ける、日米英の利権争い。
一緒に悪いことをしようじゃないか、と誘った米国。
これを拒否したことで、日本が敵視される存在になる。

満州での利権は、国際社会が認めたもので、合法的な手段で得られたものです。
満州に治安維持の為に、軍隊を置くこと、鉄道の警備など、
保障をすると条約に基づく。

これに対して、中国側のゲリラ活動が繰り返された為に、小競り合いが続いた。
継続する小競り合いを解決する為に、武力で押し返すことがなされた。
これが、国際社会で批判を受ける様になり、日米英の対立へと変化する。

ちなみにハルノートは、法的拘束力ないと自覚してのものだ。

米英の中国支援は、利権確保の為だけではなく、いかに日本の足を引っ張らせるか、
と言う目的もあった。
これは、日本の軍事力が太平洋方面に集中出来ない様にする為だ。

中国に、日本の足を引っ張らせることで、日本の軍事と経済が疲弊する、
そして体力低下を狙ってのものだ。

なぜ、日本軍がアジア各国に入る必要があったのかと言うと、侵略が目的ではない。
中国への支援物資が、アジア各国を通してなされていたからで、
米英の支援ルートを断ち切る為に、日本軍はアジアに進駐をした。

支援ルートを断ち切ることで、中国での戦いを終了させる為だ。

日本軍の進駐目的は、米英の補給路を切ることであるが、
領土拡張欲からのものだと、捏造・改ざんされることが多く、日本の真意が曲げられている。

実際には、太平洋戦争は、真珠湾攻撃から始まったのではなく、
中国大陸に於ける利権争いから、端を発している。

つまり、米英の他、ロシアも中国支援をしていたので、
それぞれ声なき、宣戦布告と言ってよい。
軍事支援をすると言うことは、相手国に、軍事的な協力をすることなのだから、
宣戦布告が表明されなくても、事実上の日本に対する宣戦布告です。

さらに、日本軍が、真珠湾を攻撃した時に、米太平洋艦隊の空母がすべて出港しており、
一隻も、いなかったことは、何を意味するかです。

戦争は、熟知されており、回避しようと思えば出来たのかも知れない。
私が、当時の主導者なら、満州周辺でいかなる挑発があろうとも、満州の防衛に終始して、
争いが広がらない様にしましたね。

日本政府は、陸軍に対して、中国での争いを広げない様に命令していましたが、
陸軍の上層部の思惑もあったとは思いますが…

さらに、
ハルノートがあっても、無視すればいい。

日本の汚点があるとしたら、相手の挑発行為に乗ってしまったこと。
当然、挑発に乗る様に、工作活動も活発に存在していましたが。
そして、大きな戦争に発展して、大事な国民の命、大事な領土と権利、を失ったのは大きな損害と言えます。
あの、戦争がなかったら、と思えて来ます。

今後、戦争によって、日本国が一切の被害を受けない様にすることは本当に大事です。
だからこそ、安易なアメポチ戦争加担が、最良なのかどうか問います。

そして、
感情論でもなく、自虐史観でもなく、精密な歴史分析が必要だと思います。

 

補記

 

今となっては70年以上も前のことだけど…

よく、
「アジアの方々に多大な迷惑をかけた」
と言う主張があります。

米英は中国を利用して日本を叩かせる為に支援をして来た訳で、
その為に、アジア各国に支援ルートを作った訳です。

しかし、米英が、アジアの方々に多大な迷惑をかけたと声明を出すことはないです。

一方的に日本人だけが、そう思うのは、GHQの刷り込みの結果と言えます。


中国に武器を提供したのは、
米、英、ロシア、ドイツ(三国同盟の前まで)

ドイツは、1号戦車、装甲車、手榴弾、ヘルメット、ライフルをなどを提供、
ロシアや、英国は、戦闘機を提供、
米国に関しても、武器弾薬を提供、

ドイツが武器提供から手を引くと、米英にメインが移り変わる。

などなど、

つまりは、中国に日本を叩かせる代理戦争です。
日露戦争の時も、英国が日本を利用した側面が大きいですが。

日本人が、70年以上も、多大な迷惑を掛けたと言い続けていることに、違和感があります。

 

政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

日本国保守政治総合研究所
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858

日本国保守政治総合研究所 ツイッター
https://twitter.com/seigi_shinjitu

山本太郎の防衛観と、保守派通信の見解

前説

左翼安倍のアメポチ防衛こそが、
誰よりも、独立国家の防衛姿勢ではないことは、言う間でもありません。
その上で、山本太郎の防衛観を検証しましょう。

☆日本は保護観察下にある?
山本太郎の主張によれば、先の大戦に負けることで、
連合国の、保護観察下にあると主張しています。
この為に、大きな軍拡は出来ないと言う考えです。

山本は、連合国の考えは、死文化しておらず、現在も生きていると言う考え方です。


☆米海兵隊の移設は日本が費用を持つ
海兵隊を、沖縄から移設するにあたっては、日本が費用を持つことだと主張しています。


創価候補の米軍基地を国内分散化
私は、てっきり米軍基地を日本から無くす方向での主張なのかと思いましたが、
国内に分散化することが、創価候補の主張です。

山本の主張と、違うのかどうか気になりますね。


☆保守派通信の見解

日本は、国連に大きなお金を払っています。
言いなれば、大きなスポンサーです。
大金だけ払って、言いたいことが言えないのはおかいしいので、
保護観察下にあることから、脱却するべきです。

この場合の脱却とは、必ずしも軍拡を指しません。

また、実現しようと思えば、出来るのがアメポチ脱却です。
憲法の範囲内で、防衛型弾道弾を保有するだけでも、自前の傘を広げることになります。
米国と喧嘩別れせず、自主的防衛を準備する手段も、十分に出来ます。

私の提言は、徴兵制を避けることでもあり、防衛費を必要なことに絞り込むことにも繫がります。

アメポチでもなく、中華ポチでもなく、明治の理念を大事にする。
これが、保守派通信の主張です。

明治の理念で、
防衛型弾道弾、防衛型高速空母、制空隊の強化、は十分に可能です。
弾道弾基地も、種子島硫黄島、ほか1カ所、と民間人に迷惑の掛からない場所の選定で解決します。

防衛面の充実は、公共工事を発生させて、人の雇用にも繫がります。
無意味な工事より、余程意味と異議があります。

むしろ、なにごとも出来ない!出来ない!と言い、アメポチを国民に刷り込む行為こそが、
GHQ政策からの、後遺症と判断します。

創価候補の様に、国内に米軍基地を分散する考えには、一切賛成出来ません。
それなら、同盟を壊さないまま、アメポチ脱却の準備をするべきです。
沖縄の嫌なものを、他の県に分散するだけ、と言うのが最良とは思えません。

海兵隊の移設費を、日本が負担するべきではないと言う方も多いのですが、
日本が負担しなくても良い様に、交渉するのが外交だと思います。
日本国の営業が、外交なのですから。

さらに、食糧自給率が、現在37%でしかないです。
防衛面でも不安のある数字なので、自給率改善に関しては、山本太郎や、国民民主党の主張に賛同出来ます。

以前、山本太郎が、自分たちのことも疑って欲しいと言っていました。
願わくば、改善して欲しいことが、上記防衛観です。