真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

橋下批判できない自民党の道州制!

取りまとめ案では「大阪都」使えない! 橋下氏の横やりに既成政党当惑

大阪都」構想実現に向けた5党の協議が最終段階に来たところで、橋下徹大阪市長が、5党の取りまとめ案では「大阪都」の名称が使えないと「横やり」を入れてきた。橋下氏の揺さぶりに各党には反発と当惑が広がっている。

自民「『都』は陛下がおられる首都」…橋下陣営「想定の範囲」

 橋下氏は、5党の実務者が新法提出に向けて大筋合意した先月28日、「社会保障・税一体改革よりも『大阪都』構想の修正協議のほうが、国会として意味のある決定だ」と評価した。ところが、翌29日になると「名前がすべてなのにセンスがない。自治体の形を変えても大阪『府』のままでは世界に発信でき ない」と名称問題を挙げ、一転して酷評に転じた。
 5党が提出予定の案だと、「都」が使えるのは東京都だけになる。「大阪都」を名乗るには 地方自治法を改正しなければいけないが、実務者協議では「名称についてはこれまでも議論していない」(民主党逢坂誠二元総務政務官)と協議の対象外だっ た。というのも、大阪維新の会側が「名称にはこだわらない」と伝えていたからだ。
 自民党が3日に開いた総務部会などの合同会議では「心外だ」「『都』は天皇陛下がおられる首都のことだ」と橋下氏への批判が相次いだ。逢坂氏は3日の実務者協議終了後、困惑の表情で「既定路線の中で淡々と進める」と語った。
 橋下氏のブレーンの一人は、同氏の発言を「ゴールが見えてきたところで揺さぶりをかける。すべて計算尽くしだ」と説明する。国政進出をにらみ既成政党との対決色を出そうとする橋下氏の挑発に各党が乗せられているともいえそうだ。
2012.7.3 22:06
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/stt12070322070024-n1.htm

・・

橋下批判できない自民党道州制

>自民党が3日に開いた総務部会などの合同会議では「心外だ」「『都』は天皇陛下がおられる首都のことだ」と橋下氏への批判が相次いだ。

この一文だけをみると、自民党がきちんとした保守政党の様に感じますが、事実は橋下批判できない状態ではありませんか?
小泉純一郎が提言した「道州制」がありますが、その後は安倍や麻生そして谷垣も公約に入れて来た政策です。

筆者は道州制に賛成ではないので構いませんが、もう何年も守られていない公約です。
民主党の場合、半年や1年で公約違反と中傷されていますが、自民党の場合は数年放置される公約は普通です。
なぜ批判されないのでしょうか。

道州制と言うのは複数の地域や行政を束ねて「州」などにすると言うものですが、これが導入されたら「関東州」とか「関西州」とかになる可能性もゼロではないですよね。
名称に関しては、新規で何か考えるかも知れませんが。しかしそうなった場合「東京都」ではなくなり今回の自民党の主張とかけ離れたものになり矛盾も発生します。

道州制に関して狂信的な自民党支持者が、民主党の政策と間違えて批判している人がいます。
アメリカで失敗した州制を猿真似で導入するなんて、売国政党もいいところだ!」
などと言うのですが、その苦情は自民党に言うべきでしょう。

民意を無視する自民党で有名ですが、道州制に関しては各地域から反対の声もあります。高齢者医療制度と同様に反対意見を完全に無視しています。
どうしてこうも自民党と言うのは国民の意見を完全に無視するんでしょうか。

また「たちあがれ日本」の支持者が「地域を壊す道州制」と言っていますが、自民党のおかしなところを正面から正すべきです。
平沼議員の言う、皇室解体に関しても、GHQ吉田茂が共謀をし皇室縮小をしたことからはじまったことです。
小泉政権に於いて有識者会議が設置され女系天皇もアリと結論が自民党より出されています。
表面的な無意味な民主党批判などはやめて、諸悪の根源である自民党売国を批判するべきでしょう。
元を正さなければ問題はいつになっても解決しません。


情報難民になりたくない人は是非入ってください。

政治や偏向報道に関心ある方は、是非参加して下さい。
「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党を更正させる会」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125