真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民党 対 自民党 オスプレイは国民が嫌がっている

民主党政権

・「政府と地元に亀裂」 自民、23日のオスプレイ搬入で批判
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120720/stt12072013560004-n1.htm
茂木敏充政調会長
「地元の岩国、沖縄から非常に大きな反発が出ている。事故原因が究明されていない中で、スケジュールを強行することはかえって政府と地元の間の亀裂を深める。日米関係全体にとってもマイナスになる」
中谷元防衛庁長官
「このまま陸揚げしたら反米感情が急速に高まる」
高村正彦元外相
「陸揚げをやめてくれと日本政府は言わないのか」
河村建夫官房長官
「県知事選の時だけに想定外の反対運動になってくる可能性がある」

・山口知事選:オスプレイ争点化、自民に逆風
http://mainichi.jp/select/news/20120726k0000m010083000c.html
石原伸晃幹事長
オスプレイは安全性が確認されるまで飛ばしてはいけない。原発も福島で大きな事故があり、新しい原発は造らない。この知事選は争点なき選挙だ」

↑古いので各リンク元喪失


現在の自民党政権

オスプレイ購入費計上へ=離島防衛、災害支援に活用—小野寺氏
 【ワシントン時事】訪米中の小野寺五典防衛相は10日午後、陸上自衛隊に導入を予定している新型輸送機MV22オスプレイの購入費を、2015年度予算の概算要求に初めて計上する考えを明らかにした。ワシントン近郊の国防総省海兵隊オスプレイに試乗した後、記者団に語った。
 防衛相は「日本は離島が多く(オスプレイは)災害支援、急患輸送に能力を発揮する。離島を含めた領土防衛にも重要な装備だ」と指摘した。
 政府は昨年12月にまとめた中期防衛力整備計画に、オスプレイを18年度までに17機導入する方針を明記した。防衛相は15年度の購入機数に関しては「価格の問題もある。交渉の中で最終的に決めたい」と述べるにとどめた。
 オスプレイは開発中に事故が相次いだことから、日本国内には機体の安全性や騒音を懸念する声が多い。具体的な配備先が決まれば反発が出る可能性があるが、防衛相は「全くスムーズな動作だったし、大型ヘリコプターに比べて騒音も大きくない。非常に優れた航空機だ」と述べ、安全面などに問題はないと強調した。 
時事通信) 2014年07月11日 09時58分
http://news.goo.ne.jp/topstories/politics/631/70b7d791697cba729a8d743378a217b5.html

(解説)

民主党政権下で、自民党オスプレイの批判をしているが、実はかつての自民党政権で米軍がオスプレイを配備することを自民党が連絡を受けていた。

自民党はこの情報を国民に開示しなかった為に、いきなり民主党政権下でオスプレイの問題が浮上したかの様にみえたのが真相。
いかに自民党が汚く根性の悪い政党かがよく分かる。

オスプレイの騒音や安全性についても民主党を批判しておきながら「全くスムーズな動作だったし、大型ヘリコプターに比べて騒音も大きくない。非常に優れた航空機だ」と語るのは苦笑するしかない。

そして、民主党に濡れ衣を着せて批判をし、自民党オスプレイ購入を言い出す。
これ程までに国民や世間をなめた愚行はない。