真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

税金浪費、裁判官の不正、裁判所の私物化に法改正を!

日々、サラリーマンより高給をもらっている裁判官が、不正を働き裁判所を私物化しています。
これは、舛添問題以上の、税金の浪費です。

不正裁判のプロセスを皆さんは、ご存知でしょうか?
ズバリ「自由心証違反」からです。

本来、裁判官は法律厳守をすべきなのですが、特権として「自由心証主義」と言うものがあります。
これは、法律以外の判断が出来る大きな特権です。
自分が「そう思う」「思わない」と言うのを、判決に反影させることが出来きます。
しかし、この自由心証違反こそが、国民の税金をドブに捨てる諸悪の根源だと言えます。

☆ドブに捨てられる国民の巨額税金の真実!
裁判所の維持費、裁判官の給料は、税金から出ています。
日本全国に展開する裁判所の維持費は、大変なものです。

国民の多くは、公平・公正なる正しい判断をして欲しいと思っていますがが、テレビドラマの様にはなりません。
それが、自分が「そう思う」「思わない」と言うことから来る自由心証違反なんです。

この特権のせいで、裁判官は平気で法律違反や、曲解をすることも出来ます。
なんせ、自分が「そう思う」「思わない」と言うのを、判決に取り込んでいい決まりになっている訳ですから。
国民の税金から給料が出ているにも関わらず、不正があることは税金の無駄なんです。

この税金の浪費を改善する方法があります。
それは、自由心証の幅を狭めてしまうことです。
裁判官特権を小さくすることで、より法律厳守をするしかなくなります。

また、不正を働いても解雇されないのは、非常におかしいですから、サラリーマンの様に解雇出来る制度を確立するべきです。
裁判官の、どうしようと俺の勝手だ!俺が法律だ!と言う横柄な態度は、簡単に解雇出来ないことから来ます。
サラリーマンより高い給料をもらって、やりたい放題じゃどうしようもありません。

法改正の為に、是非皆さんもご協力ください。
抗議機関、意見申し立て機関

・日本政府
首相官邸
法務省
与野党の各議員事務所
など

裁判官に税金を浪費させない為に、皆さんの清き行動をお願いします。