真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

【重要】次期選挙公約、各党の姿勢について

共産党は、飛行機低空飛行からなる騒音問題に、
今後も、取り組むと述べています。

では、れいわ新選組都民ファースト立憲民主党など、他の政党はどうでしょう?
都民ファースト立憲民主党の議員で、与党が決めたことだから、我々にはどうにも出来ない!
仕方のないことだ!と言う議員がいます。

それでは、対抗勢力に投票する意味も価値もないです。
何がなんでもやり切ると言う姿勢が欲しいです。
飛行機低空飛行からなる騒音問題に、返答をしているのは、共産党です。

れいわ新選組都民ファースト立憲民主党は、試合放棄をして、選挙に負けるつもりですか?
自民系と、対峙して、頼れる政党というイメージがなければ、勝てないのが選挙です。
いずれの政党も、もっと自覚して欲しいし、本気度が欲しいです。

・・

選挙の争点にしてほしい

国民に対する悪質なハラスメント、
飛行機低空飛行かなる騒音を、都議選を始め今後の選挙の争点にしてほしい。

どうしても国民に嫌がらせをしたい議員は、
辞職すべきで、給料を返納すべきです。
国民が望まないことを推進する議員は、不要です。

毎日、毎日、住宅街で飛行機の騒音が、
80db以上を楽に越えている。

海外からの要望で開始されたという、
飛行機増便と低空飛行は、血税からですが、
音の小さな飛行機購入も、血税からです。

この血税の浪費は、国民第一主義ではありません。

これからの選挙は、国民第一として、
飛行ルートを元に戻して、海から入り、海に出て行く
従来のルートに戻してくれる、政党や議員が支持されます。

国土交通省は、海外からの要望だと述べており、
観光目的ではないことを示しています。
また、防空上の観点から危険だと米軍も述べています。
これを一方的に、騒音を聞かせられるのは、ハラスメントです。

・ヘッドフォンをしていても騒音が聞こえる
・電話通話の妨げになる
・動画撮影の妨害になる
・毎日の騒音で胃が痛くなる
・環境権の搾取である
・綺麗な空が台無しである

外国と日本人と一体どちらが大事なのか?
政治と議員の良識が問われるのが選挙です。