真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

発言を抜粋した松本復興相への批判

「知恵出さないと助けない」=松本復興相、岩手、宮城で発言

 松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地の岩手、宮城両県を就任後初めて訪問し、両県知事と会談したが、配慮に欠けるとの指摘を受けかねない発言を相次いで行った。

 達増拓也岩手県知事に同相は、「(国は)知恵を出したところは助け、知恵を出さないところは助けない、そのくらいの気持ちを持って(ほしい)」と話し、復興に向け、被災地側が具体的な提案を行うよう注文した。

 このほか、「九州の人間だから東北の何市がどこの県か分からん」とも述べ、政府の事務方が「しょっちゅう(被災地に)入っているのに、何をおっしゃる」とフォローする場面も。

 その後の村井嘉浩宮城県知事との会談で同相は、宮城県が漁港の集約化を国に要望していることについて、「3分の1とか5分の1に集約すると言っているけど、県の中でコンセンサス得ろよ。そうしないとわれわれ何もしないぞ」と述べ、県内での合意形成を急ぐよう求めた。会談の場に知事が同相より遅れて入ったことについても、「お客さんが来る時は自分が入ってから呼べ」と話した。 

時事通信社 - 07月04日

・・

発言を抜粋した松本復興相への批判

>「(国は)知恵を出したところは助け、知恵を出さないところは助けない、そのくらいの気持ちを持って(ほしい)」と話し、復興に向け、被災地側が具体的な提案を行うよう注文した

まだ時事通信社は端折りが少ないですが、酷い新聞になると「そのくらいの気持ちを持って(ほしい)」と言う部分を完全に削除した上で「知恵を出さないところは助けない」とだけ語ったと誤認させる扇動記事が出回っている。

しかし反民主党の人たちはアンフェアですね。
自民の麻生が「年寄りは働くことしか能が無い」と語ったり「金のないやつは結婚しない方がいい」と言ったりしたものは偏向報道だと騒いで来た筈です。
なぜ自民党の失言はどれも偏向報道で、民主党の議員のものは偏向の無い真実だと言い切れるのでしょう。

今回の松本氏の「そのくらいの気持ちを持って(ほしい)」と言うのは、言い方は良く無かったかも知れませんが「例え」ですよね。
それを部分抜き出しをして批判するのもどうかと思いますよ。


日本が好きな人、情報難民になりたくない人は是非入ってください。

「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125