真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

正論の民主党、邪道の自民党、真の保守派はどちらか?

☆歳費削減の復活を=野田前首相
 民主党野田佳彦前首相は6日夜、BSジャパンの番組で、国会議員歳費の2割削減が4月末で打ち切られたことについて「(衆院の)定数削減ができるまでは続けるべきだ」と述べ、削減措置の復活が望ましいとの考えを示した。
時事通信社 2014年5月7日 00時02分
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140507/Jiji_20140507X344.html

(解説)
野田前総理は、もっと言いたいことがあるでしょう。
消費税に関して「景気条項」(景気の悪い時は増税しない)の提言をしていました。
ところがアベノミクスで景気回復とし、「景気条項」が無かったことになっていますが、非正規雇用は拡大しています。

このニュースで野田前総理が言いたいのは、増税を国民に強要するのに、議員の側が削られないのはおかしいと言うものです。
まさに正論の民主、邪道の自民。

・・

★<安倍首相>中国軍拡,名指し批判 NATO演説で
http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20140507/Mainichi_20140507k0000e010105000c.html
>欧州が中国の軍備増強に関与することがないようけん制した。

(解説)
さて、この言葉に騙された国民は、一体どれだけいるだろうか?
日本国民の皆さんは、真実を知っていますか?

これまでの自民党の中国支援と民主党の保守政策
・TPPに中国を入れろと民主党を脅迫(野田民主党はスルー)
・年間300億円の無償ODAを献上(菅直人ODA2割削減を提示)
・中国製品の関税完全0化(民主党が完全0化を解消)
民主党が中国のステルス機に対抗して購入を決めたF-35自民党が反対(民主党が次期主力戦闘機を決め防衛の空白を解消)
・何十年も中国を批判しない政策(対中シフトを防衛大網にはじめた入れたのが民主党自衛隊観閲式で対中批判を戦後はじめて行ったのが民主党
・何十年も尖閣諸島を放置(民主党が国有化に成功)
・国籍法改正案を提出(当時の民主党が反対)
・三ヶ月いただけで住民票の発行が出来る様に国会に提出
人民解放軍の軍人を招待して自衛艦の中を見学させる(民主党政権では実行していない)

今期安倍政権で
FTAに中国を入れる様に公表(民主党政権では対米のみ検討)
・30万人留学生提言(第一次安倍内閣では500万人交流提言)
・環境対策支援発表
・移民受け入れ検討を発表
・中国韓国人を技術者名目で召還して永住権の発行検討を発表

中国は儲けから軍拡をしている訳ですが、一番のスポンサーが自民党ではありませんか?
TPPやFTAに中国を入れて、金を落として儲けさせることを考えている。
安倍は、日本のODAから建造されたとされる漢型原子力潜水艦に長時間侵犯されているが、ODA解消を言わない。


あなたの愛国心が日本を救う。
是非、政治に参加意識をもってください。

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!