真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

共産党支持者がやめるべきこと 左翼と自分で言うのをやめるべき

私は、共産党支持者ではないが、これが以前から気になっている。
自民党と対峙する共産党支持者が、なぜ自民党狂信者が蔑称として使う左翼を語るのか?
これが疑問で仕方ない。

左翼の意味。
保守=右翼に対して、改革派の意味 改革派=左翼

共産党は、護憲を主張し、アメポチ改憲にも反対をしている。
何も改革しようとしていないので、保守主義ではないのか?そう思います。
第一、共産党の機関誌にも左翼なんて一言も書いていない。
共産党ですら、左翼と言っていないのに、一部の支持者が勝手に左翼と言うのも変である。

むしろ、移民や道州制外資基準の残業代0や解雇基準の見直しを推進する自民党の方が、
悪い意味で改革派と言える。
改革派だから、左翼です。

国体保守、体制保守をしようとせず、国民無視の売国改革をひたすら進めるのだから、自民党が左翼に決まっている。

自民党狂信者は、左翼の意味を正しく使っておらず「共産主義者」と言う意味で語っている。
これは、明らかな間違いだ。
自民党狂信者の母校、朝鮮学校では「共産主義者」を左翼と教えるのかどうか?w

海外の映画をみると分かるが「共産主義者」を「コミュニスト」と呼んでおり、
左翼(レフトウイング)と混同することなどしていない。
自民党狂信者だけが言う、ローカルな言い方だと分かる。

どこまで行っても「コミュニスト」はあくまでも「コミュニスト」であり、
「レフトウイング」は「レフトウイング」である。
まったくの別物である。

私は言いたい。
共産党支持者に自尊心があるのなら、自民党狂信者が蔑称として使う左翼を自ら名乗るのはやめるべきだ。
保守主義を唱えているのだから、諸君らは改革派(左翼)ではないのだ。