真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

保守野田元総理 対 極左安倍 正論で迫る民進!

☆<代表質問>民主政権批判に反論…野田氏、首相と因縁の対決
 野田氏は、消費税率10%への引き上げを再延期せざるを得ないのは、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の失敗が原因と指摘。「私が政治生命を懸けて取り組んだ3党合意も風前のともしびとなってしまった」と首相を批判した。さらに財政健全化への道のりはより険しくなったと延べ、「後世、厳しく糾弾されるだろう」と警告した。

 これに対し、首相は「国と地方を合わせた税収は野田政権時代より21兆円増えた」と述べ、2020年度に国と地方の基礎的財政収支プライマリーバランス)を黒字化する財政健全化目標を堅持する方針を重ねて示した。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=4213812&media_id=2&from=widget&widget_type=1&widget_setting=0

(解説)

まず、野田総理は、増税させたくて述べている訳ではないです。
極左安倍が、リーマンショックのようなことでもない限り増税します!と述べていたことから、アベノミクスの失敗を指摘います。
民主党は、景気条項の厳守を言っていた訳ですから、安倍の矛盾に関する指摘です。

極左安倍が述べる、税収21兆円増について。
年配者や女性を酷使して、納税者にすることを企てたのが、極左自民ではありませんか?

外国人家政婦や、外国人ベビーシッターを雇えば、女性が外に働きにいけるとか、非国民むき出しの政策をゴリ押し。
反日左翼だけが、国賊自民党の政策を支持しています。
右翼は、自民党を支持していなくて、支持しているのは、反日勢力です。

税収がアップしたと言うのに、なぜ国民の生活が豊かに感じないのか?
それは、こんな裏があると言えます。
09年の自民党政権で、年金運用の損失9兆円。現安倍政権で、5.3兆円の損失。
これを穴埋めする目的で、年配者や女性を酷使することが言われて来ている訳で、納税者にすることで年金運用の焦げ付きを補填することが考えられています。

自民からこんなことばが出たことがあります。
「元気、元気、元気なお年寄りを働かせれば、立派な納税者だ。」

何十年も働いて来た、年配者から、まだ税金を搾り取ろうというのは凄いですね。

また、過剰なまでの、公共工事
さらに、過剰な海外バラマキなどが、日本の財政を逼迫させています。

極左自民党狂信者は、このような嘘を述べています。
海外へのバラマキは、外資系銀行から入金をしているので、国庫から財政出動をしていない。
だから税金の無駄ではない。

狂信者が言う、外資系銀行とは、日本が出資する世界銀行のことだと言えます。
何もないのに、世界銀行の口座に現金がプールされる訳ではないのですから、当然日本国内からの転送がなされています。
なので、国民の血税ですね。

本当に、日本が儲かっているのであれば、年金支給額のアップ。
難病患者の治療費0化。
各種福祉の、さらなる充実があるべきでしょう。

就労率、出生率のアップというのも、トリックがありますよね?
極左安倍が、多量に引き込んだ外国人を計算に入れてのものですが、純粋に日本人だけで計算すると、そんなに向上もしていないでしょう。