真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

北に裏切られても何度でも期待する、懲りない左翼自民公明の愚

北朝鮮の核・ミサイル廃棄に期待=菅官房長官
 菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、米国の分析サイトが北朝鮮のミサイル関連施設に解体の動きがあると発表したことについて、「全ての大量破壊兵器および、あらゆる射程の弾道ミサイルの完全、検証可能、不可逆的な方法での廃棄に向けた具体的な行動につながっていくことを期待したい」と述べた。 
https://www.excite.co.jp/News/politics_g/20180725/Jiji_20180725X979.html

(解説)

もう何年も前に、北朝鮮が、核ミサイルの開発をやめたとして、施設爆破の映像を公開した。
しかし、現実は不要となった古い施設を爆破したのみで、別場所で核ミサイル開発が継続した。

前例から考えて、本格的な立ち入り検査・調査でもしない限り何も信用出来るものがない。
にも関わらず「ミサイル破棄に期待」と自民菅が安易に言ってしまうとこが、苦笑するしかない。

左翼自民は、支持率をあげる為に、北に拉致被害者の件を申し出ているが、非常に冷淡な「解決済み」の回答しか出て来ない。
本来であれば、自民が韓国に慰安婦問題は、過去の戦時保証5億ドルで「解決済み」と言うべきだが、情けない外交ばかりをしている自民である。

左翼自民の外交センスは、世界でも最低最悪の間抜けぶりで、愚行そのものだ。
北は、軍事的挑発である、米韓演習を牽制する目的で、米国を射程に入れた核ミサイルを開発し、米国と5分と5分の交渉をしようと考えていた。

にも関わらず、左翼自民公明は、米韓演習による日本へのとばっちりに関して、責任追及すらしていない。
米国に向かう北のミサイルを撃墜する目的で、迎撃ミサイルや陸上イージスまで、米国の言いなりになって購入した。
トランプの主張を肩代わりする様に、北に5兆円の支援と、人的支援を含む3.5億円の献上を決めてしまう。

なぜ、左翼自民は、懲りない馬鹿なのであろうか?
過去に、拉致被害者関連名目とは言え、1兆4000億円も無償献上して、無償で高級な日本のコメを支援した。
こうして、キム体制は安定したし、安心してミサイル開発も出来た。
制裁も故意にザルで、高額送金も容易に出来る状態だ。だから北は何も困っていない。

その上で、今回の拉致被害者問題への冷遇。
過去、やめると言って、核ミサイルの開発を止めていなかった事項などが、平然とある。

だらしのない、巨額血税無償献上を繰り返して来たことの反省をして、ピリ辛外交をするべきだが、いつまで経っても何ら変化がないのが、病的な自民公明である。
過去、前例から学ぶと言うことがなく、戦後から何十年も同じことを繰り返している。
いつ進歩するのだろうか?

そのクセして、国民から税金を絞る取ることや、負担増だけが、強化された。