真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

尖閣に自衛隊発言を批判する反日自民党支持者の愚!

尖閣自衛隊出動も=領海侵入に「毅然対応」—野田首相

 野田佳彦首相は26日午後の衆院本会議で、尖閣諸島沖縄県石垣市)の周辺で中国船の領海侵入が相次いでいることに関し、「尖閣諸島を含むわが国の領土領海で周辺国による不法行為が発生した場合は、必要に応じて自衛隊を用いることを含め、政府全体で毅然(きぜん)として対応する」と表明した。中国の動きをけん制する狙いとみられるが、自衛隊出動に言及したことで中国側が反発を強める可能性もある。楠田大蔵氏(民主)の質問に対する答弁。

 尖閣をめぐっては、東京都の購入計画に続き、首相も国有化する方針を表明。一方、領有権を主張する中国は「核心的利益」と主張し、中国の漁業監視船による領海侵入が続くなど、緊張が高まっている。こうした領海侵入には海上保安庁を中心に対応に当たっているのが現状だ。

 首相は答弁で、尖閣について「わが国固有の領土であることは歴史的にも国際法上も疑いなく、現にこれを有効に支配している」と重ねて強 調。その上で「自衛隊も周辺海域の警戒監視活動をしっかりと行っている。引き続き関係省庁が連携して万全の体制で警備に当たる考えだ」と述べた。 
時事通信社 - 07月26日 23:05
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2095815&media_id=4

・・

尖閣自衛隊発言を批判する反日自民党支持者の愚!

・遅過ぎている
・法律を知らないのか?

など程度の低い批判を反日勢力である自民党支持者が繰返しています。
実におかしい話です。

これまで何十年も尖閣諸島の問題を放置して来たのは、他ならぬ国賊自民党です。
批判をするのであれば、自民党の批判をするべきでしょう。
これが常識です。

また、野田総理自衛権の行使の問題を改善する様に働きかけています。
法律を知らないのか?と馬鹿な罵倒をする愚民は、野田総理の取り組みを知らないで批判しているのでしょう。
さらに、批判の矛先が完全に間違っています。

これまで憲法戦争放棄条項を明記し、竹島が韓国に侵略されても、なんら具体的な行動をして来なかったのが国賊自民です。
それどころか泥棒に追い銭と言うべく、5億ドルを支払い文化財も返還したのが自民党です。
それ以降、文化財の残りも返還しろと粘着され今日に至っています。
さらには技術支援もして日本企業のライバルを育てて来ました。

現状の自民党でも、インチキ憲法改正しか主張しておらず、自衛隊の中身を変えずに名称だけ変更する案を提示しています。
名称を変更するだけでも国民の血税が浪費されます。
自衛隊サイト、パンフレットなどすべて作り替えになります。
中身を変えず、選挙の票取りに自衛隊を悪用しようとする国賊自民は外道です。

府民主党の正しい取り組みを批判する暇があるのなら、国賊自民の売国を正すべきです。

今まで民主党がどの様な取り組みをして来たのか、是非みて欲しい。
尖閣諸島民主党政権で国有化すべき!
http://d.hatena.ne.jp/shinjitunoseijika/20120708#p2


情報難民になりたくない人は是非入ってください。

政治や偏向報道に関心ある方は、是非参加して下さい。
「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党を更正させる会」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125