真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

この映画監督は、山本五十六が嫌いなのか?

☆ミッドウェー作戦/山本五十六 /魔の五分間
https://www.youtube.com/watch?v=BUKmnRMUHmQ

(解説)

何度みても、山本五十六が、間抜けにみえる演出だと思う。
日本の主力空母がやられても、動揺もせず、将棋をやり続ける、山本五十六

なぜ、この映画監督は、こんな演出にしたのか、さっぱり理解出来ない。

南雲も、アホむき出しな演出になっている。
普通、飛行甲板に被弾したら、消火する為に指示を出して自らも動くのが司令官である。
しかし、映画では、ブスッと黙っているだけ。

そもそも、この映画自体が、考証がなされていなさ過ぎる。
対空砲火も、司令官の「撃ち方はじめ!」の号令で、はじまる筈だが、指示もないのに撃っていたり、突っ込みどころ満載と言える。

せめて日本側がつくる映画くらい、もっとマシな映画でもいいのでは?と思ってしまいます。

大事な部分としては、ミッドウェイの悲劇から、日本人は何を学ぶか?なのですが…
同じ、悲劇を起こさない為にも、自衛隊で教訓として教えて欲しいですね。