真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

景気問題、朝日が左翼自民と共闘か?

☆ 景気拡大、戦後最長の可能性 「いざなみ越え」政府見解
(朝日新聞デジタル - 01月29日 10:04) http://mixi.at/a25dPHz

GDPが改ざんされていたり、外国人就労者を入れて雇用が増えたとか、酷い情報操作だとは思いますが。

さて、朝日は、左翼自民に助けられた、ご恩返しをしているのでしょうか?
朝日の慰安婦虚構記事を、左翼安倍は白紙化不問として、韓国に10億円を支払う確約をしました。
本来なら、朝日は、国民的なバッシングを受ける存在ですが、左翼安倍がなかったことにしてしまいました。

そして、本件の記事にも偏向があります。
景気拡大が、戦後最長の「可能性」と記載してあります。
可能性と言うのは、左翼自民の公表に乗ったものですが、事実現在がそうであると言う意味ではないんです。

朝日は、過去にも左翼自民と共闘した実績があります。
天皇陛下を中国に連れて行き、謝罪させたのは、朝日と左翼自民のコラボです。

選挙前になると必ず「自民優勢」と大声で言って、有権者を諦めさせようとするのが、朝日なんです。
さらには、左翼自民の支持率を盛って「これだけの状態で来ている」と演出もします。

慰安婦虚構記事で、日本国や国民に汚名を着せて、嫌がらせをする反日新聞が左翼自民と共闘するのは、両者とも反日なんでしょう。