真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

韓国の世論の受け取り方を知ることで、韓国人がみえる(みえなくてもいいが)

★韓国紙まで反日・朴大統領を批判 対日包囲網を米国に無視され目覚めた?
http://news.livedoor.com/article/detail/8258815/

韓国の世論の受け取り方を知ることで、韓国人がみえる(みえなくてもいいが)

上記に掲載したニュースの評論にけっして騙されてはいけない。
ノムヒョン政権の時に、こんなことがあったのを覚えているだろうか。

あまりにもノムヒョンが日本批判をする為に、韓国の経済界や識者たちは、ノムヒョンの姿勢を批判する様になった。
これを多くの国内マスコミが、「抗日姿勢を強めるノムヒョンを韓国国民が叩いている」と、こぞって報道した。

これらの偏向を聞いて「へー、韓国人も日本贔屓になったんだなー」と誤認したことだろう。
なぜ誤認が発生するかと言うと、韓国人がどの様なつもりで、ノムヒョンを叩いていたか正確に報道されなかったからだ。

今回も、前例と同じことが起きている。
ノムヒョンが、韓国で叩かれまくったのは、日本を利用せず単純な批判を繰返したからに他ならない。
韓国の経済界や識者は、批判をするのではなく、日本を利用する能力を持て!と言う意味でノムヒョンを叩いていたのだ。

韓国人は、中国と交渉するにしても、背景に日本がいる様に演出する方が交渉が有利になると思っている。
だから日本を利用するべきだと主張しているんです。
現在の韓国で、パクが批判されているのも、親日派が暴れているのではなく、パクに日本を利用する頭を持て!と言う意味で批判がなされています。

ニュースは本来の意味をもっと確実に説明すべきじゃないですかね。