真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

マスコミの質問が選挙協力のことばかり、立憲の良い部分隠蔽

☆「大事なのは草の根の声と歩む政党築くこと」 枝野氏
枝野幸男立憲民主党代表(発言録)

 我々は新しい民主主義、草の根の民主主義のかたちをつくっていくことが最大のミッションだと思っている。(国会内で)考え方が一緒の皆さんとはできるだけ一緒にやりたいとは思っているが、それ以上に大事なことは、草の根の声と共に歩む政党をしっかりと築いていくことだ。

 (民進党希望の党と一緒に統一会派を組むことは)ありえません。普通の、政治に従来コミットしてきていない方の間からそうした(統一会派を求める)声を聞くことはありません。(14日、大阪市内で記者団に)
(朝日新聞デジタル - 01月15日 01:45) http://mixi.at/a1Roub7

(解説)

是非、国民の救済をする政策を前面に打ち出しましょう。

新年からそうですが、マスコミの質問が、選挙協力や政策協力のことばかりになっています。
これでは、立憲民主の良い部分が伝わりません。

ニュース記事を読む人は、国民の生活より、選挙協力や政策協力のことばかりかよ?と思うかも。
しかし、これはマスコミが、同じ質問を繰り返しているからなんです。

新年挨拶の際にも、共産党との選挙協力や政策協力をしつこく質問したのが、マスコミでしたが…
ニュースをみると、そこだけ抜粋です。
立憲民主や、野党の支持者は、上手く支えてあげてください。