真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

消費税増税、立憲民主党は国民をバカにしている

☆明日からの消費税増税、一見良さそうな軽減税率の闇…対案はこれだ!
https://www.youtube.com/watch?v=55NtZuS-SKQ
※掲載動画、これからのことを語る、国民民主党の、たまき氏。

参院選の前、
国民民主党の、たまき氏が、消費税減税を公約に戦えば、勝てる筈だと提言した。
しかし、これに乗らなかったのが、立憲枝野氏だ。

参院選終了後に、各党との協力体制強化を言い出す、枝野氏。
本当に、飽きれてなりません。
もちろん、一番悪いのは、左翼安倍自民に他なりません。

けど、枝野氏の行為は、左翼安倍を助けているとしか言い様がない。

参院選のずっと前であるが、枝野氏は夫婦別姓の審議要求を提出している。
これは、立憲が、議員になっても結婚前の名前を名乗りたい、タレントが多いからだ。
また、今後も、多数のタレント擁立を視野に入れていたからだ。
消費税減税なんて、そっちのけで、夫婦別姓の推進。

選挙に擁立する候補も、安倍の売国を駆逐して正す、愛国戦士ではなく、
空気の読めない、反安倍ではない人ばかり。
まったくやる気が感じられない。

安倍の売国を、追撃戦を展開して叩く様な、ガッツのある人材など、
立憲は、嫌いなのである。
安倍の売国を正す、愛国者を故意に擁立しない様にしている。

これじゃ、受け皿なんかに、向かないのは当然だ。

安倍が、海外にバラまく50兆円のこと、

海外留学生に、180億円も無償献上していること、
これを、日本の学生に当てないこと。

年配者を働かせる為に、仕事斡旋業者に、多額な税金を流しているが、
これを、年配者の年金に上乗せしない様にしてること。

これらを、正して、正道に戻す様に、我々は進言しているが、一切の無視です。