真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自衛隊志願者減、理由を改ざんする左翼安倍の愚

左翼安倍が、自衛隊の志願者が減った理由を改ざんしています。
安倍は、改憲しないから、減っているのだと。

自衛官の家族が「お父さんは、憲法違反なの?」と質問され、肩身の狭い思いをしていると偽装しています。

事実に反しています。
自衛官の志願者減少は、アメポチ改憲を、愛国改憲と偽装していることが原因です。
長年に渡り、左翼自民は、次ぎの改憲理由を主張して来ました。

1 米国に向かって行くミサイルを撃ち落としたい※
2 米艦船が襲われていたら助けたい
3 米国及びその他に、合法的に給油活動をしたい
4 米国及びその他の、合法的に後方支援をしたい

です。

これは、長年主張していますが、野党の質疑でも明らかになっています。
つまりは、愛国改憲ではなく、単にアメポチ改憲です。

国防を重視するのなら、戦力分散は戦術的に損でしょう。
しかし、自衛官を地球の裏側まで派兵出来る等と、しょうもない議論をしているのが、左翼自民です。

立民枝野は、国防のことを考えるのなら、個別的自衛権の議論を掘り下げるべきではないのか?
と述べていますが、都合が悪いのか、左翼安倍は無視しています。

自衛隊には、やりたい装備購入があったと思います。
しかしながら、米国の要望「1」※を満たす為に、陸上イージスを購入したのでしょう。

さらに、トランプは、日本と韓国に迎撃ミサイルを買わせることを述べていたとされています。
これで、米国に大金を落とさせることで、米経済を潤わせる計算です。

そして、左翼安倍は、竹島単独提訴を潰して、韓国に10億円の血税を無償献上を述べました。
ロシアに関しても、領土返還もなく、3000億円の無償献上です。
まさしく、極左であり、針が左に振り切っています。

これらは、愛国心ある自衛官への背進行為であり、志願者を失望させる、反日行為でしかありません。

竹島を侵略している国、韓国の軍艦を観艦式に強引に入れ込む、反日極左自民。
これが、楽しくて仕方のない、自衛官がいるのでしょうか?