真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

元号問題、左翼自民公明は、公表が遅過ぎている

☆ 「元号制定は違憲だ」弁護士やジャーナリストらが提訴 「時間意識が喪失する」
(弁護士ドットコム - 03月27日 13:01) http://mixi.at/a5huX1v

この人たちの主張。
西洋の西暦はよくて、日本の元号が気に入らないと言うのがおかしい。
ただ、天皇陛下を侮辱した韓国のイやムンに、謝罪要求しない左翼安倍政権が決めることが、不満だが。

そして、本来は、昨年中に元号を公表するのが、筋な筈。
カレンダーや、銀行の通帳にも大きく影響を及ぼして、元号表記を止めてしまったところもある。

私が、元号を支持するのは、他でもない。
必ずしも、西洋の考え方に合わせなければいけない、決まりはない。

どんなことも、西洋に、西洋に、となってしまうのは、自主性がないことを意味しており、
民族的な自尊心の保持・確立する意味に於いても、元号があった方がいい。

司法・経済の欧米化は、年次改革要望書によるところが大きいと思うが、
もうこれ以上の、譲歩はするべきではない。

運転免許が、外国人に配慮して、西暦表記を取り入れる話しがあるが、実におかしい。
外国人に配慮して、なぜ我々日本人が、移民などで来た外国人に合わせなければいけないのか、本当に不思議だ。

左翼安倍自民は、日本の国体を解体して、香港やシンガポールの様な日本に改造を企てている。
これを、どんなことも、万歳、万歳、の連続で支持しているのは、確実に反日勢力であると疑わない。