真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

立憲民主党の主張をみて、左翼安倍に任せておけない日本の将来を保守しよう!

枝野幸男×荻原博子「そろそろ昭和の成功体験から抜け出そう」
https://blogos.com/article/352473/

(解説)

まず、こちらのリンク先をみて頂いて、まともな日本人であれば、大筋で合意出来ると思います。

私なら、こうなか?と言うのを書きますと…

この安倍政権になってから、商品の、値上げ、値上げの連続ではないですか。
どの様に考えても、お財布に優しくないです。

これに対応する為に、立憲民主党や、共産党では、人々の給料を引き上げることを考えています。
私は、給料引き上げは、商品価格の上昇に繋がるので、物価を引き下げるべきだと思います。

物価引き下げを言うと、後ろ向きの印象を受ける方がいますが、かえって前向きだと言えます。
かつてあった空洞化問題は、解消されておらず、今もなお継続している問題です。
だから、外国人の多量引き込みに関して、整合性を感じないのです。

日本の物価が高く、やむをえず海外に生産ラインを出した企業が多いのだから、
物価をさげて、海外に出した生産ラインを引き戻して、全員野球が出来る様にしたらいいと思います。

帝国データーバンクの調べでは、述べ1万社も中国に出ています。
(一方国内では、あまり報道もされませんが、多くの日本企業が、中国に買い叩かれている状況です。)

物価上昇から、僅かな給料アップでは、もらった感じがしないと、
もらった感じを受けるには、消費し易い様に、全体として物価がさがっていればいいと思うのです。

上記は、私の主張の部分です。

立憲民主党の主張は、全体としては、とても良いのではないでしょうか。