真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

政治家や一般人が、裁判に勝てない場合、菅直人もN国党も

菅直人も、N国党の裁判も、
さらには、一般人がおこなう裁判も、
勝てない場合には、必ず共通点があります。

それは、裁判官による、

「自由心証違反」

からです。

裁判官には、大きな特権があり、自由心証主義と言うのがあります。
法律での判断以外に、裁判官が「自分がこう思う」と言う、
自由心証を、判決に反影させることが出来ます。

これこそが、裁判官が不正を成立させることの出来る、
最大の特権です。

よく、多くの方がこんな経験がある筈です。

・法的整合性
・理論的整合性
・自身の被害からなる損益の整合性

どの様に解釈しても、法律の解釈に誤りもなく、
むしろ相手方の主張を上回る状態で、法的整合性を主張したと…
にも、関わらず、判決では、事実と真逆のことが平然と書かれており、偽善そのものと言える。

まさに、これです。

こう言う場合の典型に、自由心証違反があるんです。

裁判官に不正を働かせない様にする為には、特権を弱める法改正が必要です。
ズバリ、不正のもとは、大き過ぎる裁判官の特権からなんですから。

この大きな問題が、解決されづらいのは、不正で得をする側がいるからです。
もし、弁護士たちが、一律損ばかりなのなら、法改正するべきだ!と大声で言うと思います。
しかし、そんなに大きな声で主張がなされていません。

それは、不正で助かる事例があるからなんです。

ただ、依頼者(当事者)としては、本当に面白くないと思います。
いくら整合性のある主張をしても、話しがねじ曲げられてしまうのですから。

一体何故なんだ?となる訳です。

社会正義の観点から、法改正をして、裁判官の特権を奪いさるべきなんです。
そうしてこそ、誠の正義、誠の公平が生まれます。

既得権を壊すと言うことなら、裁判官特権も、壊すべきなんです。

高い給料をもらっているのに、真面目にやろうとしない。
平然と、国民の税金から不正を働く。
なんど間違えてもクビにもならない高待遇です。

これが普通のサラリーマンなら、当然に解雇なんです。

この様な裁判官特権は、社会悪を蔓延らせることばかりです。