真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

尖閣:民主と自民の対応の違い

民主・自民の衆院議員、尖閣諸島海域を視察

 民主党向山好一自民党新藤義孝衆院議員が21日、尖閣諸島付近の海域を漁船で訪れ、同諸島や漁業活動などを視察した。

 2人は、東京の政治団体が同諸島の領有権をアピールする活動に同行し、20日深夜、沖縄県石垣市議らと漁船3隻に乗り込み石垣島を出港。 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、21日早朝、石垣島の約170キロ北西の同諸島海域に到着し、一本釣りの様子や島などを見て回ったという。

 同諸島を巡っては、1997年に新進党西村真悟衆院議員(当時)が、領有権を主張するため、国会議員として初めて魚釣島に上陸した。
読売新聞 - 01月21日 11:26

・・

尖閣:民主と自民の対応の違い

尖閣諸島の領海侵犯
民主:
裁判までやり切る前提で逮捕。日本人人質を中共に取られて裁判は断念。
自民:
最初から釈放を前提として偽装逮捕。ろくな取り調べもしないまま釈放。

尖閣諸島の防衛
民主:
中国へのにらみをきかせる為に、与那国への部隊配備調査予算を計上。
自民:
自衛隊から与那国への部隊配備を提言されるが対中関係に配慮をしスルー。

尖閣諸島の防衛2
民主:
自衛隊観閲式に於いて中国の横暴を菅総理が批判。野田総理も動的防衛に言及。
自民
中国への配慮から一切言及なし。

尖閣諸島の防衛3
民主:
中国の横暴も考慮をしF-35戦闘機を導入。
自民:
F-35戦闘機を防衛型ではないとし国会追求の目玉にすると石破が語り、中共に塩を送る。

尖閣諸島の領海侵犯への罰則的対応
民主:
中国漁民に巡視船の賠償金を請求。
自民:
台湾の侵犯船を国民の税金から弁償。国民の許可なし。

★民間人の尖閣諸島への上陸対応
民主:
事情聴取だけでおとがめなし。
自民
書類送検

日米安保の適応
民主:
前原氏が麻生に聞いて来て欲しいと確認の要求をする。自身も民主党政権時に確認。
自民:
前原氏の要望を麻生の提言とネットで捏造。事実を曲解して成果にしている。

★国会対応
民主:
侵犯国の中国へ抗議。
自民:
中国への抗議を一切せずに民主党だけを批判してコキントウを喜ばせる。


無党派、どの党を応援するか決めかねている人大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!