真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

対馬仏像窃盗問題、捏造を繰返す朝鮮「産経」を斬れ!

2013.3.24 仏像盗難「交流やめる」 怒る対馬、募る反韓
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130324/crm13032406210000-n1.htm
長崎県対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」(高さ50・5センチ)が、韓国で発見されながら韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めた問題は日韓の溝をますます深めた。韓国仏教界は「倭寇に略奪された」と主張するが、この論法に従えば朝鮮半島伝来の仏像や古美術品の大半が返還の対象になりかねない。
日本と朝鮮半島の懸け橋となってきた対馬では怒りが渦巻いている。(九州総局 田中一世)

>民主政権が引き金
平成22年8月、日韓併合100年にあたり菅直人首相(当時)は、過去の「植民地支配」に「痛切な反省と心からのおわび」を表明し、李氏朝鮮時代の儀典書「朝鮮王朝儀軌」の引き渡しを約束する首相談話を発表、11月に引き渡し協定を結んだ。
これを機に韓国で仏像や古美術品の返還要求が強まったからだ。

対馬では毎夏、韓国から舞踏団などを招き李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」のパレードを実施してきた。しかし、主催者の「厳原港まつり対馬アリラン祭振興会」の山本博己会長(50)は「全くばかにしている。パレードはもうやめたほうがいい」。
観音寺のある小綱集落の男性は「先祖代々何百年も拝んできた仏像だけにみんな怒ってるよ。
韓国人は何するかわからんので来てほしくないという人もいる」と語った。

・・

対馬仏像窃盗問題、捏造を繰返す朝鮮「産経」を斬れ!

先日、捏造記事で裁判に負けた朝鮮産経ですが、性懲りも無く捏造や偏向を繰返しています。
韓流ゴリを推進して来た朝鮮産経は、自民党に裏金をもらって自民アゲをし、民主サゲをしているのでしょうか?

まず、なぜ韓国人の横暴がなされて来たのか経緯を書きます。
1.自民党が韓国人短期ビザ免除恒久化をしたこと
2.自民党が地方交付金を削減して対馬が韓国人観光客に頼らざるをえない状況を作ったこと
3.自民党対馬の土地を韓国人が買うのは問題ないと明言して助長させたこと
4.自民党日韓併合談話に村山談話や小泉談話を取り込む様に民主党政権に強要したこと
(この件は産経新聞に掲載されたが産経は自民党を批判していない)
5.日韓基本条約締結時に韓国の文化財自民党が返還しており、そのご粘着される結果を生み出したこと

上記ニュース記事の様に、確かに民主党政権文化財の引き渡しはなされていますが、元を正せば自民党政権下で文化財を返還しており以降「まだある筈だから返還しろ」と侵略者韓国が粘着をし続けて来た経緯がある。

本来報道は、なぜ対馬に於いて韓国人が横暴を働くことが出来たのか、なぜ窃盗しても荷物も検査されず持ち出しに成功したのか、これらが自民党政権からの対韓政策の甘さ杜撰さから来るものだと正直かつ正確に報道すべきである。
にも関わらず、あたかも自民党の機関誌の様に自民党売国をことごとく隠蔽をし、民主党のせいにするのは何ら公平感がない。
言うならば新聞の資格ないど一切ない、産経は反日の韓国人と同じである。

産経の批判は常に民主党批判にこじつけられており、何ら真実がない。
現在自民党政権な訳だが、窃盗が相次いでいるのであれば、自民党が実施して来た韓国人短期ビザ免除恒久化を中止するべきではないのか?
ビザを提出させて、通常の外国人の入出国の様に、荷物検査くらいしたらどうなのか。
ニュースで明るみに出ているのは、一体の仏像だが盗難事件は多数に及んでいるのが実情ではないのか。

保守系新聞は、谷垣自民が売国談話を日韓併合談話に取り込む様に民主党に強要したことも糾弾すべきである。
途中の経過を100%飛ばして、単に結果だけを批判するのは、大人の評論でも何でも無い。
朝鮮産経は、新聞社を廃業すべきである。