真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

高校無償化、自民党の売国は良い売国?

★高校無償化15年度から所得制限 自公が一致
 自民、公明両党は7日、民主党政権下で導入された高校授業料無償化の見直しに向けた実務者協議を国会内で開いた。両党が大筋合意した所得制限の導入に関 し、学校や自治体の準備や周知期間を考慮して2015年度から始めるべきだとの意見で一致した。所得制限の額をめぐっては、自民党が年収900万円を軸と することを提案し、公明党は持ち帰った。月内にも具体額を最終判断する方針だ。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130807/Kyodo_BR_MN2013080701002089.html

・・

高校無償化、自民党売国は良い売国

民主党政権下で、帰化した在日も無償化の対象になるのはおかしい!と自民党支持者は批判して来たのだろうが、自民党政権で所得制限が900万円ならほぼ皆該当するでしょう。
基本、自民党売国は良い売国!と言うのが狂信的な支持者の主張なので、自民党のはOKになりますね。

高校無償化は、民主党の置き土産だと言いたい人もいるでしょうが、多量に帰化させて来たのは自民党です。
その辺りを忘れないで欲しいです。

そして児童手当て、育児無償化計画、どれも皆在日が対象じゃないですか?
あれだけ在日!在日!と大袈裟に騒いで来た自民党支持者は、自民党の在日優遇策には何も反対をしませんからね。

30万人留学生計画や、技術者名目での中国韓国人への永住権発行なんて、国賊自民党むき出しだとは思いますが。

力道山(プロレスラー)が、朝鮮人だとバレたくなくて「この朝鮮人が!」と言いながら人をぶんなぐっていたのと同様で、自民党支持者の在日批判なんて当てになりませんよ。
批判に整合性がないですからね。