真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

反日勢力、自民党の売国を支持する非国民を斬れ!

天皇へ謝罪要求の背景は 李明博前大統領の側近が回顧録
 韓国の李明博(イミョンバク)前大統領の側近、李東官(イドングァン)元大統領府報道官が前政権の回顧録「挑戦の日々」を出版した。2012年8月に李前大統領が竹島(韓国名・独島〈トクト〉)を訪問し、その後で「(天皇が)韓国を訪問したければ、心から謝るのがいい」と発言した背景に触れた。
 この出来事は、日韓の政治・外交関係だけでなく、日本人の韓国に対する印象の悪化に大きく影響したと言われる。李前大統領は竹島訪問の4日後、地方でのセミナーで「(天皇も)韓国を訪問したければ独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝るのがいい。何カ月も悩んで『痛惜の念』なんて単語一つをもって来るのなら、来る必要はない」と述べた。
 日本では衆院が発言撤回を求める抗議決議を採択。野田佳彦首相(当時)が「遺憾の意」を表す親書を大統領宛てに送ったが、韓国政府は返送した。
 回顧録によると、李前大統領はこの発言の直後、「歴史問題は首相が何度も謝るより、日本で最も尊敬されている日王(天皇)が語れば、より簡単に解決できるという意味だ」と述べた。天皇訪韓によって日韓の歴史認識問題を決着させたい考えも示したという。
 また、李前大統領の竹島訪問案は、前年の11年8月にも大統領府の政務部門を中心に検討されていた。当時は李東官氏らの反対で見送られたが、その後、慰安婦問題などで対日関係が悪化し、訪問に踏み切った。
 一方で、李前大統領は「日本は依然、我々が学ぶところが多い国だ。歴史認識問題を一日も早く決着することが非常に重要」と話すこともあったという。このほか、李大統領の在任中の野田政権との慰安婦問題の交渉で、妥結寸前まで歩み寄った経緯が書かれている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000010-asahi-int

(解説)

この一件で思い出すのが、民主党がおこなおうとした「天皇陛下侮辱に対する経済制裁」である。
国会では、左翼自民党(右派にあらず)が、民主党の政治妨害に明け暮れ「韓国との関係が大事だ!韓国は本当は親日国だ!それをダメにしたのが民主党だ!」などと、整合性のない幼稚な批判ばかりが、自民党から飛び出していた。
左翼自民党を、愛してやまない反日勢力は、韓国の尻に敷かれる日本が理想だと確信します。

民主党政権に於いて、
自民党が14年も継続させて来た、対韓スワップの中止宣言
・在日生活保護不正受給の精査
・移民を牽制する子供手当
竹島単独提訴提言
竹島上空デモフライトに日本初の制裁を実施
天皇陛下侮辱発言に対する経済制裁提言
慰安婦賠償の否定(国会質疑に於いて)
日韓併合談話に村山談話を取り込めと自民党が強要

など、あるが、いずれも政治妨害をしたのは左翼自民党であり、その狂信者である。
左翼狂信者は、日本を悪くしようと企て、左翼自民党を支持していることが明確に分かります。

左翼安部が、慰安婦に10億円支払っても、狂信者が支持しているのは、日本人じゃないからです。
つまり、売国に期待して支持しているので、狂信者の予定通りです。


>李大統領の在任中の野田政権との慰安婦問題の交渉で、妥結寸前まで歩み寄った経緯が書かれている。

ここは、完全な捏造であり、慰安婦問題を引き合いに出したら、竹島問題の件で外交カードを切られて、腹いせに竹島によじ登ったのが真相である。