真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

反日勢力、左翼小泉のTPP街頭演説を斬れ!

☆小泉氏「人口減少強みに変える」=自民若手、社会保障で提言
 自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員会」(小委員長・橘慶一郎総務部会長)は13日、党本部で会合を開き、社会保障制度の見直しなどを柱とした提言を正式に了承した。


 夏の参院選から選挙権年齢が引き下げられることをにらんだ内容となっており、中心メンバーの小泉進次郎農林部会長は会合後の記者会見で、「人口減少を強みに変えて新たな社会づくりをする」と強調した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160413-00000115-jij-pol

(解説)

小泉は、民主党政権下の街頭演説において、信じられない売国発言をした経緯がある。
「TPPをやって、外国企業を沢山引き込めばいいんです!」
と、いうものだが、同様の発言をほか自民党議員がしていることから、自民党内にフォーマットが存在していることが分かります。

父親の小泉が「私が、自民党を内部からぶち壊します!」と述べ、日本を壊したのと同様に、極左売国政治が好きな家系であることが、明確に判明します。

ところで、悪の枢軸である、時事通信が小泉の発言を取り上げたのは、小泉が幅広い層の社会保障を提言しています!という演出なのですが「人口減少を強みに変えて新たな社会づくりをする」と、いう部分が本件のキモになっている。
実は、人口減少に故意に手を打たず「TPPをやって、外国企業を沢山引き込めばいいんです!」という話にも繋がって来ます。

時事通信は、あたかも民進岡田氏が、増税推進であるかのような虚構記事を書いて悪印象を植え付け、民進より事実と異なる記事に抗議をされている。
捏造までして、民進に嫌がらせを繰り返す時事通信であるが、一方では左翼自民党のアゲをおこなっている。

まるで小泉が社会保証を全体に広げるような虚構を記載するが、TPP問題についてどのような発言をして来たのか、その真実を記載すれば茶番だということは一目瞭然である。

そもそも、単純使い捨ての派遣は、若者(人々)を救済することにならないと言う理由で、使い捨て派遣の禁止を提言し推進して来たのが、保守民主党である。
これを政治妨害して、格差拡大に尽力して来たのが、左翼自民党ではないか?

社会保障などと言うと聞こえがいいが、外国人家政婦を雇って女性は外に出ればいい。
外国人ベビーシッターを雇って女性は外で働くべきだ。
移民の再検討もそうである。
など、およそ社会保障とは無関係な、極左反日政策を推進しているのが、国賊自民党ではないですか?
一体何を白々しいことを平然といい、何も知らない国民を騙すのか!と思います。