真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼自民党は年輩者から税金を搾り取る政策を推進

☆<麻生氏>いつまで生きるつもりだ…高齢者について講演会で
 麻生太郎財務相(75)は17日、北海道小樽市で開かれた自民党支部大会で講演し、「90になって老後が心配とか、訳の分からないことを言っている人がテレビに出ていたけど、『お前いつまで生きているつもりだ』と思いながら見ていました」と述べた。高齢者らの反発も予想される。
(毎日新聞 - 06月17日 23:57) http://mixi.at/a9X8FKS

(解説)

年輩者をいつまでも働かせて、税金を搾り取る政策を左翼自民党はしているけど、売国奴・非国民が支持していることが明確に証明されます。

麻生は以前、元気なお年寄りを働かせれば、納税者になると述べている。
これは、年金運用に失敗して、こげつきが出た分をお年寄りを働かせることで、補おうというものである。

左翼自民党狂信者は、マゾヒストばかりが揃っていて自虐的に自分を虐めたいのでしょうか。
それとも、自民のゆとり教育の犠牲者となり、社会がみえないくらい偏差値が低いのでしょうか。
今は若くても、いつかは自分が年輩者です。
そうした時に、搾り取られる側になることが理解できないようでは、足りませんね。