真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

選挙が終われば増税、自民・公明支持は自己責任では?

☆たばこ増税で一致=加熱式も対象に−自民税調
 現在、紙巻きたばこの税額は1本当たり約12.2円。政府・与党内では18年10月から数年かけて1本当たり3円引き上げる案などが出ている。近年利用が増えている「加熱式たばこ」についても増税する方向だ。 
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&id=4879738&from=home


☆森林環境税
1人最大1000円 個人住民税に上乗せ 政府・与党検討
 政府・与党は、新たに創設を検討している森林環境税について、1人年間500〜1000円程度を徴収する方向で検討に入った。地方税である個人住民税に上乗せする形で徴収する。今後、与党の税制調査会で詳細を詰め、2018年度税制改正大綱に導入時期などを盛り込むことを目指す。
https://mainichi.jp/articles/20171122/ddm/008/020/071000c


☆年収800万円超で増税所得税1000億円アップ−政府・与党
 2018年度税制改正で焦点となっている所得税改革をめぐり、政府・与党が増税の対象となる会社員の年収を「800万円超」とする案を軸に調整していることが28日、分かった。会社員の課税対象額から一定額を差し引く「給与所得控除」を縮小して増税するが、子育て世帯は除外する方向だ。また、年金以外の所得が多い年金受給者の増税も検討。これらの見直しで年1000億円程度の増収を見込んでいる。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=voice&id=4879551

(解説)

選挙が終われば、増税案を多々出して来ます。
自民・公明の支持は、自己責任では?
非支持の人も、巻き込まないで欲しいです。

この他に、死亡税、携帯税、パソコン税なども検討されています。

さらに、左翼安倍が物価上昇を指示しているので、各製品の値上げラッシュが続いています。
値上げにならない食品系(特に外食)は、サイズを小さくする、厚さを薄くする、質を落とす、数を減らすなどなされています。

例えば、ファミレスのハンバーグの直径が小さくなって、薄くなっています。
トンカツ屋さんの、トンカツのサイズが小さくなり、肉の質も落ちています。

左翼安倍自民のせいで、みんなが迷惑をしています。
私は、民主党政権の方が余程よかったです。