真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

安倍狂信者程、安倍の改憲の本質を知らないのは何故か?


媚韓の舛添を支持する、安倍自民と公明党

☆とにかく「憲法を改正した総理」の称号が欲しいだけの安倍首相
https://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_366145/

(解説)

安倍狂信者は、安倍を良く知っているフリをするが、まったく知らない。
何時も、安倍を語る狂信者は事実を逸脱しており、勘違いしていることばかりを述べる。

安倍狂信者ほど、安倍を知らないのである。
それとも、知らないフリは確信犯で、売国をやらせる目的で支持しているだけの非国民なのか?

長年に渡る自民の改憲目標を、いまだに知らない人がいる。
何故、自民の支持者と言いながら、自民の主張を知らないのだろうか?

自民党の主張
1 米国に向かって行くミサイルを撃ち落としたい。
2 米艦船が襲われていたら助けたい。
3 米軍などに、合法的に給油活動がしたい。
4 米軍などの、後方支援を合法的にしたい。

である。
これを知らない安倍狂信者は多いが、彼らの目と耳は、足の裏にでもあるのかと…

あと、ぶっとび論として「いいじゃないか、それでも!」と言う意見も聞く。
高額な思いやり予算血税から無償献上した上で、さらに米軍を無償で助けさせて頂く、と言うのが上記4案だ。

しかも、これまで戦争資金2兆円献上などもして来た。
とにかく、血税から至れり尽くせりだが、何の疑問も抱かないのが、狂信者の勉強不足を示す。

なぜ、疑問に思う必要があるのかと言うと実に簡単だ。

日本は二度、米国に「尖閣諸島は、安保の適応範囲か?」と質問している。
建前の回答は「安保適応である」だ。
しかし、この回答とセットになっている外交筋の回答は…
尖閣諸島問題は、基本的に日本と中国の問題だ。米国は不干渉だ。」
と言う見て見ぬ振りという回答が、二度も来た。

本当に、米国はアジアの自由を望む正義なのか?
台湾が海軍強化を狙って、米国に軍艦を売る様に求めたら、中国に配慮して売らない回答が来た。
仕方なく、台湾は、フランスからフリゲート艦を購入。

TPPが、対中包囲網と称されたのは、実は民主党政権の時だ。
しかし、安倍政権で、トランプは中国との対立を嫌い、TPPから即時に脱退。
直近の米中会談では、貿易拡大を約束して、にわかに友好ムードすらある。

右翼ではない、左翼安倍自民は、米国の属国の様にもたれ掛かりこそが、繁栄だと思っている。
米国は、日本をカモにして、巨額血税を吸い上げるが、冷淡だ。
その象徴が、先に触れた、尖閣諸島への不干渉だ。

以前、中国が空母保有願望を公表した際に米国は「中国は空母を保有する権利がある」と明言し、手伝うことまで述べた。
一方、米国は日本に対して、空母保有の必要なしと明言した事例がある。

あらゆる情報を多角的に分析して、正解を導き出すとすれば、米国はロシアと同様に、妄信する程のものじゃないと分かる。

そんな中、アメポチが、さらにアメポチになる為の改憲を推進するのが左翼安倍である。
愛国者、保守派なら、普通反対すると思うが?一向に反対しないのが、狂信者である。
どうも、日本からみて愛国ではないのは明白の様だ。


朝日新聞虚構を無視して韓国に10億円無償献上

安倍義勇軍にソウカ一味がいる。
ソウカ機関誌には、何時も韓国/朝鮮の話題満載だ。
日本がアメポチで、首輪がついていれば、彼らは満足だろう。
左翼安倍は、竹島単独提訴、韓国イの天皇陛下侮辱発言をもみ消した張本人だ。

いずれにせよ、安倍に加担する勢力は、純粋な日本の愛国心と異なると分かる。


山口県、安倍地元の韓国街


安倍義勇軍による他党への嫌がらせ、韓国の旗を好む