真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

またも米国の陰謀か?国産ステルスに次いで装甲車開発頓挫

防衛省、装輪装甲車の開発中止へ 当初計画、白紙に
 防衛省は人員輸送を担う96式装輪装甲車の後継車の開発事業を中止する。試作品が要求性能を満たさなかったことが主な理由。27日に発表した。今年度に開発を終える予定だった当初の計画は白紙に戻った。

 陸上自衛隊は96式を約380両保有。2014年から後継車の開発を始めた。防衛装備庁が約19・7億円かけて「コマツ」に試作品を発注したが、防弾板や軽量化の面で要求性能を満たさず、昨年12月には開発完了の時期を21年に延期。それでも開発の見通しが立たないとみて中止を決めた。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=5221386&media_id=168&from=widget&widget_type=1&widget_setting=0

(解説)

中止理由は、適当な文言が当てられる。
トランプ来日直後に、国産ステルスが開発中止とされ、頓挫した。

これらは、ニクソンの「裏ロッキード事件」を思い出させる。
ニクソンが、米飛行機会社から賄賂を貰っており、軍用機を日本にゴリ押しをする確約をする。

そしてニクソンが日本に命令(嫌らしいことに)したのが、国産対潜哨戒機と、早期警戒機の開発中止だった。
そして押し売り同然に、米国製を買う様に迫って来たのである。
その為に、自衛隊は計画を無理矢理中止させられ大きく米国に振り回される。

私が裏ロッキードと言うのは、表向きのロッキード事件は、日本国民への目くらましに過ぎなかった。
最初から米国の旅客機を購入することが決まっていたが、故意に旅客機の汚職事件のみ漏洩させた。
そうすれば、そちらに日本国民が食らいつくと言う判断からだ。

自民党は、何時もの悪代官ぶりで、ハワイおこなわれた日米会談を改ざんして、単に貿易の交渉との国民に情報を流した。
しかし、それこそが米国から軍用機をゴリ押しされる会談そのものだった。

そしてデジャブの様に、
トランプは、上から目線で、迎撃ミサイルを買わせること言ったり、単に日本を押し売りの対象と考えている様だ。
国産ステルス、国産装甲車が、相次いで開発頓挫である。

今、水面下となったが、米国から強襲艦を買うことまで、安倍自民は明言した。
日本の造船技術からして、強襲艦を作ることは十分可能である。
輸送艦と言う名称だが「おおすみ」「くにさき」「しもきた」などは、海外では強襲艦に分類される。

兼ねてから、米国と自民党は、主人と家来関係にあるところがあり、国益を犠牲にしても強引に米国製を買う傾向がある。
米国も、日本に本格的自立をして欲しくなくて、依存させることで、金儲けが出来ると考えている。

だから私は、米国の核の傘を当てにしない様に、憲法範囲内で、防衛型通常弾道弾を保持することを主張している。
これは、日本の防衛に飛躍的向上をもたらす。隊員不足を解消出来るし、何より米国の属国をしていなくても、十分に抑止力を確保出来る。
侵略への転用をしないよう、扱いは憲法下厳守とすればいい。

事態の酷さに気がつかない国民がいる。
買わされるばかりか、左翼安倍は、米国に5000億円の献上、及び、リニア技術の無償献上まで確約した。
なぜ、ビジネスパートナーなら、米国に買わせないのだろうか?

安倍自民は、民主党の保守ぶりを真似て同様に「米国とは5分と5分の関係!」とうそぶいた。
まだずっと民主党の方が、フェアな外交を望んでいた政党である。


自民・公明の売国が好きではない方は是非参加を
政治的世直しコミュニティのご案内

真実の政治家(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国良い輪 と覚えてください

自民党反日政党です!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125

立憲民主党(保守派通信)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6225858

自民・公明の売国を正すには、政権交代の受け皿が必要になります。
対抗勢力を育てる為に、皆様のご協力をお願いします。