真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

安倍自民、韓国に真実を語れないヘタレさの愚

☆韓国も対抗措置検討=徴用工問題で地元紙
 韓国政府は、元徴用工訴訟で日本企業の資産差し押さえ・売却に対し日本政府が報復措置を取った場合に備え、日本に打撃を与える「対抗カード」を検討している。14日付の朝鮮日報など韓国紙が報じた。

 同紙などによると、韓国高官は13日、「われわれも万全の準備を整えている」と強調しており、両国による報復・対抗措置の応酬が現実になりかねないという懸念が出ている。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031400328&g=pol

(解説)

日韓条約の段階で、もうこれ以上ないですね?
と確認した上で、戦時保証がなされた筈。

これを、韓国は公共工事に使い込んでしまった。

本来、安倍自民は、公共工事に使い込んだのは、韓国の都合であり、
日本政府の問題ではないことを、説明しないといけない。
しかし、借りて来た猫の様に、何も言えないのは、ヘタレとしか言い様がない。


☆「帰化情報公開」問題、立憲・福山幹事長を夕刊フジが直撃! 「コメントするのは適切ではない」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190314/soc1903140001-n1.html

(解説)

帰化緩和策を実施して、安易に帰化させているのは、自民である。
しかし、なぜ帰化の問題を、自民に指摘しないのか?

それどころか、帰化緩和策を実行した訳でもない、立民の福山に質問するのは、話しを逸らす意図があると言わざるをえない。

また、夕刊フジは、保守を装っているが、安倍自民の売国を一切指摘していない。
話し逸らしばかりするのは、安倍自民に、売国をやらせる目的があるのだと確信する他ない。