真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

安倍自民の「対ロシア売国」を正当化する、狂信者の主張

安倍狂信者の主張

プーチンはいい人だ
・ロシアは、東日本震災の際に、スケート大会の代替え地を引き受けてくれた、いい国だ
・ロシアに血税3000億円を無償献上したのは、問題がない
・日露会談で、安倍が領土返還を主張しないのは、問題がない

しかし、現実は…

左翼安倍が、ロシアに血税3000億円を献上しても、ロシアは領土を返還する気もない。
それどころか、北方領土に、ミサイルを配備。
日本軍が作った飛行場を再整備して、軍拡を行う。

プーチンは明言する。
先の大戦の結果を、ひっくり返すことは出来ない。と…

左翼自民は、ロシアに対して、日本の防衛機密を大胆に暴露している。

我が国のMD構想(ミサイル防衛構想)は、ロシアを含まないと、相手国に伝えた。
大事な防衛機密を、安易に漏洩するから、ロシアは安心して北方領土の占拠と維持が出来ている。

これだけの売国がありながらも、保守系番組を気取る、左翼番組は、安倍自民の売国を正そうともしない。
そして、狂信者は、宗教であるかの様に、安倍の売国を万歳!万歳!ばかりだ。

こうしたことは、国難であり、日本の将来をも不安にさせる重大要因だ。

アイヌ部族を、アイヌ民族だと偽装して、独立を煽る様なことは、国益に反している。
左翼安倍らは、自身を外来種だと思っており、朝鮮人だと考えるからこそ、
犯罪とも言うべき、売国が平然と出来るのだ。