真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民党の支持率があがってしまう訳

世論調査は、聞き方によって回答が異なります。

幼保無償化、大学一部無償化、
これがあるから、消費税増税はやむなしと言う見方をしている人が多い。

5から8%にあがった3%分の消費税の内、社会保障に回されているのは、
僅か16%だと言うことを、国民は知らない。
消費税の多くが、国の借金返済に使われていることも知らない。

法人税減税などで、会社負担を減らして、税の減収分を消費税からあてがわれていることも、
多くの国民は知らない。

内状をよく理解してない人からみて、自民公明がよくやっている様に、誤認するのでしょう。

子育て関連の法案は、民主党政権でも多々推進されたが、自民公明が政治妨害を繰り返している。
なぜ、ダメだったのか、多くの国民は理由を考えていないのでしょう。

流れを知っている国民からみたら、実に不愉快だけれど、
多くの国民は、そんなにニュース分析に時間をかけていなくて、表面しかみえないのが実情。

空洞化を解消しないまま、外国人を多量に引き込むのは、けしからんこと。
しかし、危機感のない国民が多い。

なんとなく、令和ムードでお祭り騒ぎに乗った人が多い。

竹中と言う売国奴と、これと迎合する戦犯とも言うべき、自民の議員たち。
日本が解体されているのに、安倍を支持して売国の加担している人がいるのは、
自爆行為で、ナンセンスとしか言い様がないです。

野党は、人の暮らしを考えているのだけれど、表現が下手なのか地味な印象を受けています。

与党推進の、
民法、種子法廃止、水道民営化、アメポチ集団的自衛権
利権切り売りのカジノ、などなど、

どんな売国法案も通過している現状を、あまり国民は理解していないのが最大の問題。