真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

米トランプ、日米安保は不平等と酷評する

米トランプが、側近に対して、
日米安保が、不平等であるとして、不満をもらしている。

内容は、日本が戦争に巻き込まれた場合、米国は日本を助けるが、
日本は、米国を助けないから不平等であるとの意見だ。


☆日本国保守政治総合研究所の見解

これまで、自民は、長年に渡り以下の主張をしている。

改憲目標とされて来た内容、

・米国に向かって行くミサイルを撃ち落としたい
・米艦船が攻撃されたら助けたい
・米軍などに合法的に給油活動をしたい
・米軍などに合法的に後方支援をしたい

これらの事項が、改憲もせずに、新安保に盛り込まれているのだから、
憲法を飛び越えて、米軍への協力が約束されている。

陸上イージスの購入も、米国へ向かうミサイルの撃ち落とし目的である可能性は、極めて高い。

さらに、駐留米軍の経費を日本側が負担。
有事に於ける、武器・弾薬の融通。

これらを総合的に勘定して、けっして不平等とは言えない。
むしろ、十分にポチと言える。


☆米国側の意図を読み取る

日米安保への不満は、トランプ自身が公式に公表したものではなく、
側近から漏れた話しとなっている。

これは、もっと米国にサービスをする様にと、故意に漏らした話しでしょう。
日本側の反応をみる為です。

トランプは、参院選以降、大きくことが動く様に匂わせています。
アメポチ改憲が、本格的に始動するか、
あるいは、日米貿易で、大幅な日本譲歩があることを意味している、
と予想されます。

話しは、出来レースで、トランプ来日の際に、完成している話しの可能性もあります。


関連事項

アメポチからの脱却、防衛型弾道弾の保有
https://shinjituno-seijika.hatenablog.com/entry/2019/05/29/113041