真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

政府批判 ニュースの読めない売国奴

原発新設の「白紙」検討=被災者支援、支給額引き上げ—菅首相

 菅直人首相は31日午後、共産党志位和夫委員長と首相官邸で会い、東日本大震災と福島第1原発事故の対応をめぐって意見交換した。「2030年までに原発を14基以上新増設する」との政府の目標について、首相は「白紙、見直しを含めて検討する」と表明した。会談後、志位氏が記者団に明らかにした。

 政府は昨年6月、エネルギー基本計画を策定。二酸化炭素の排出抑制を念頭に原発推進の立場を鮮明にしていた。原発の新増設を見直す場合、エネルギー政策の抜本的な転換につながることになる。成長戦略の柱の一つでもある原発の海外展開にも影響を与えるのは必至だ。

 首相は志位氏との会談で、「使用済み核燃料の問題をどうするかも含め、安全性の見地から構造的な原子力政策の再検討を行いたい」と強調。福島第1原発の現状に関しては「安定的な冷却の見通しが立っているわけではない」と説明した。

 一方、首相は、地震津波などで住宅が壊れた世帯が対象の被災者生活再建支援法について「300万円の上限(支給額)は引き上げが必要だ」との認識を示した。「町を高台に移し、新しい町づくりをするという計画が出てくることも念頭に置く」とも言及した。 

時事通信社 - 03月31日

・・

政府批判 ニュースの読めない売国奴

本ニュースを読んで、菅総理売国奴と誹謗中傷している愚民がいますが、文章読解力がないのでしょうか?
選択肢のひとつとして「白紙」があると言うだけのことであり、現状では検討に過ぎません。

海外の原発の話を聞いても、震度6〜7なら耐えられると聞きます。
今回東北を襲った地震は、震度9な訳でこの規模の地震が来たら、原発も耐えられないでしょう。
その上で、今後も増やすかどうか検討することは意味があるとは思います。

エコを重視するドイツでも、原発反対政党が支持をのばしています。
原発は震度6〜7を越えてしまうと耐えられない。どこの国でも恐いんだと思います。

自民党や東電は、福島県原発を設置する段階で「安全です」とゴリ押しをし反対派を押し切って来ました。
同じ様に「安全です」のゴリ押しで今後もやれるかどうか疑問の余地もあります。

繰返しになりますが、現段階ではあくまでも「白紙の検討」です。
検討と決定は違います。

この手のニュースを読んで感情的になり、政府批判をしている人は文章読解力を引き上げるべきです。


ミクシィコミュの御案内

政治や偏向報道に関心ある方は、是非参加して下さい。
「真実の政治家」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党を更正させる会」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125