真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

先の衆院選から何を学ぶか?

参院選野党共闘に民主意欲…同床異夢の様相も

 民主党の海江田代表は4日、三重県伊勢市内で記者会見し、今夏の参院選に関し「野党には、自民党に圧勝させないという共通の思いがある」と述べた。



 自民、公明両党による参院過半数獲得の阻止という目標では野党各党の考えは一致しているものの、与党との距離感や、野党間の警戒心など、「同床異夢」 の様相を呈しかねない要素もある。野党共闘に積極姿勢を見せる海江田氏が主導権を握ることができるかどうか、難題は多い。



 海江田氏は「野党協力は当然、野党第1党の民主党が軸にならなければならない」とも語った。12月の衆院選では、民主党と「第3極」の政党が競合して票 を奪い合い、自公両党を利する結果になった小選挙区が目立った。参院選では、小選挙区と同様に1選挙区1人しか当選しない改選定数1の「1人区」が31選 挙区あり、その行方が全体の勝敗を左右するとみられる。1人区を中心に野党共闘が必須だとの思いは、各野党とも共有している。
読売新聞 1月5日(土)12時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130105-00000443-yom-pol

・・

先の衆院選から何を学ぶか?

各党でスタンドプレイをし、俺の党が!俺の党が!って言うんじゃ、大きな勝利はまずないです。
大局を優先して、自我を多少引っ込めて、政策の合う部分で野党は共闘をすべきです。
支持者同士も同様で、同盟軍に参加している様な意識が必要です。

あとは国民も選挙の仕組みを理解すべきではないでしょうか?
何十年も続く自民党売国が嫌いな人でも、どうしようと俺の勝手だ!どこに投票しようと俺の自由だ!と言う人がいますね。

もちろん自由ですが、なんのことはなく死票になって、自民党売国に投票しているのと何ら変わらない状況の人も沢山いる訳ですよね?
その結果から、本当にそれが最良の選択であったのかどうか考えてみる必要があると思うんです。
これでは自分の票をドブに捨てたのと同じですよね?


寺小屋的にお金のない人でも学べる、真の保守を育成する保守派道場です。
無党派、どの党を応援するか決めかねている人も大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!