真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

公約違反大連発、安倍政権の大嘘を国民は斬れ!

日米首脳会談/TPP参加は説明不足だ
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2013/02/20130224s01.htm

・・

公約違反大連発、安倍政権の大嘘を国民は斬れ!

農業従事者が、安倍の言う「聖域」と言うのが、一体どの部分をさすのか、
ちっとも明確化していないと指摘しています。
聖域の範囲と言うのが、どこからどこまでなのか?これについて安倍は説明していないと言います。
なので現状では大変に不安だそうです。

また、自民党の会見では、TPPに関して党内分裂はないと明言していますが、
その理屈で言えば「TPP反対!」を言いながら当選した議員は国民を騙して票を取ったことになります。
賛成/反対で、政治信条が違う訳だから、議員として意地をみせるべきでしょう。

さらに脱原発を明言して当選した議員も沢山いますが、安倍が原発の新設に言及をしても批判すらしていません。
つまりは、当選する為に嘘を言っていたことが明確に分かります。

そして、増税反対をスローガンに当選した議員もいますが、安倍が消費税12%説について言及したことがあったとしても、そこについての質問もしていません。

〈成果を演出する安倍は政治家ではなく、偽演出家では?〉
米国は食事会、共同声明記者会見を設定しない日米会談を予定していたそうですが、安倍の方からこれらを加えて欲しいと頭をさげたそうです。
また日米同盟完全復活!と言い「防衛の空白を民主党が作った」と捏造をしていますが、真の犯人は安倍自身です。
安倍は対中国ODA拡充推進派ですが、中国に支援をして解放軍を成長させて来たのは国賊自民党です。
日本のODAから作られたとされる「漢型原子力潜水艦」に長時間領海侵犯された上に、取り逃がしたのも安倍自身です。
解放軍を育てて、米国やアジア諸国に迷惑をかけ、日米同盟を壊したのは安倍自身ではありませんか?
なぜ自民党F-22戦闘機購入を米国に断られたのか?これを考えれば自民党の自作自演がモロにバレます。
むしろ民主党ではなく防衛の空白を作って来たのが国賊自民党だと言えるでしょう。
民主党が決めた次期主力戦闘機F-35に関して、あたかも自分の成果であるかの様に語る詐欺師安倍。

対中国シフトを自衛隊が提言したのは、冷戦終了直後ですが中国を刺激したくないと言う理由から長年棚上げにして来たのが国賊自民党であり、自衛隊の要望は菅政権ではじめて決済されました。
国賊自民党は、汚い自作自演を繰返しているに過ぎません。