真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

水道民営化、米国の責任を負わない政府を模倣している

麻生太郎「国有資産・水道を民営化しますっ!」
http://www.youtube.com/watch?v=YXhZsEMpyr8

民営化して外資に買われたら、それで終わりです。
外資優遇策を自民党はやっているので、食われる危険が大きいです。
円安の場合、外資が日本企業を買い易いです。
円安の場合、日本企業が海外で企業を買収しづらいです。

基本、自民党の政策は、米国の「責任を負わない政府」と言うのを、手本にして政策を推移させています。

介護問題は、地方自治体に丸投げすることが理想とか、
批判を受けて、やや方向転換していますが、地方交付金を削減して「地方のことは地方でやりなさい!」と言う政策で来ていましたね?
民主党で地方交付金を引き上げたので、その影響から、自民党でも微妙に変化させていますが・・

米国が疲弊した理由のひとつですが、本来政府がやるべきことを、各州に丸投げしてしまう。
これからは、君たち州の責任に於いてやってね、政府のせいじゃないよ!
と言う方針です。

これを実現するために、道州制自民党は言っています。
米国の疲弊を模倣する自民党は危険です。