真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

ロシアの軍拡を助ける自民党の愚、貿易は別腹理論はおかしい!


T-14と言われるロシアの新型戦車

冷戦終了後、ロシアがもっとも経済的にキツイ時期に、人道支援をしてロシアを助けた自民党
北方領土返還の機会を自身で潰しています。
経済的な潤いがあれば、領土を返還する理由もないですからね。

現在に於いても、平和条約は締結していなくても、貿易は別腹だという考え方があり、事実上普通に貿易をしています。
自民党の役人答弁としては、直接的に軍事支援名目じゃないというのがあるでしょうが、どこの国も経済の潤いから収益を得て軍拡をしています。

これまで自民党が、中国に3兆円も支援をして、現安倍政権でも900億円を無償献上しています。
こう言ったことが、いい例だと思います。
同様に、ロシアにお金を落として繁栄させるようにすれば、当然に軍拡にも力が入ります。

本稿で紹介するロシアのT-14は、砲塔は無人で操作出来て、いずれは戦車自体が無人で戦えることが理想のようです。
戦争に反対がある場合、人命の損失が一番大きいと思いますが、人の数を減らすのは省力化と世論の抵抗を受けないことの、両側面があると言えます。


ロシアの新型装甲車両

なかには、貿易のどこがいけないんだ!と言う人もいるでしょう。
一時期ロシアは、軍拡にブレーキが掛かっていましたが、また軍拡が再開された感があります。
北方領土の防備を固めるために、フランスから強襲艦を2隻購入しています。
こう言うことも全部含めて、経済の潤いと連動しているんです。
相手国が成長するように協力すれば、当然軍拡もなされます。


儲けから北方領土の防備を固めるために購入された強襲艦

私が、自民党の暴論が本当に酷いものだなと思うのは、鳩山元議員がクリミア入りした時に、批判をしましたよね?
あの批判は、自民党の人気をあげるためのパフォーマンスです。
なぜなら、ロシアが軍拡するように協力して来たのが、他ならぬ自民党にも関わらずロシアガー!というのはおかしいでしょ?
完全な自作自演ですよね。

いつもこの調子で自民党の嫌らしい自作自演があり、中国を支援して来たのが自民党にも関わらず中国ガー!とか馬鹿なことを言っています。
そういうヤラセ、自作自演を聞くたびに、ふざけるなと思います。