真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民公明の東京五輪、採算性は合わない、古い考えが税金を浪費する

東京五輪に関心あり8割=「会場で見たい」は半数以下―時事世論調査
 2020年開催の東京五輪パラリンピックについて時事通信社世論調査を実施したところ、8割が「関心がある」と答えた一方、「競技などを大会会場で見たいと思わない」は半数を超えた。調査は全国の18歳以上の男女1991人を対象に個別面接方式で7月6〜9日に実施、回収率は61.8%。

 「とても関心がある」「まあ関心がある」は計80.1%で、「あまり関心ない」「全く関心ない」の計19.4%を大きく上回った。しかし、「開会式・閉会式、競技を会場で見たいか」と尋ねると「ぜひ見たい」「できれば見たい」が計45.6%で、「それほど見たいと思わない」「全く見たいと思わない」の計53.4%より少なかった。

 見たい理由(複数回答)は「次の日本開催を見る機会はないから」が最多の44.2%。次いで「世界の一流選手のプレーや世界記録達成を生で見たい」43.7%、「会場でしか得られない感動がある」41.9%など。

 一方、「見たくない」理由(同)は「テレビなどで見れば十分」が69.7%と大半を占め、他には「会場が遠くて大変」42.2%、「熱中症などが不安」15.7%など。

 開催にかかわる不安要素(複数回答)を聞くと、最多は「開催費が大幅に膨らみ、税金で穴埋めされる」の46.2%。次いで「犯罪やテロの標的にされる」43.8%、「渋滞や混雑で交通機関の利用が不便になる」33.8%などが多かった。
 開催目的の一つとされた東日本大震災からの復興を世界に示せるかを尋ねると、「できる」は59.1%、「できない」は30.9%。できない理由(同)は「避難住民もまだ多く、実際に復興が進んだと感じられない」が59.2%で最多。これに「スポーツの大会で震災復興と関係ない」35.3%、「原発事故の風評被害などは五輪で払拭(ふっしょく)できない」33.7%と続いた。 
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20180720/Jiji_20180720X386.html

(解説)

五輪終了後に、自民公明は話を盛って「これだけ大きな儲けがあった」と公表する筈だ。
その数字の大きさに騙される人もいるかも知れない。
実際は、準備費(施設建設や広報活動)、運営費(五輪スタッフの人件費など)を差し引いて「純粋な利益」は幾らなのか考えなければいけない。

最初、ローコストで話を持ち出し賛同させ、追加追加で予算が何倍にも膨張したのが今回の五輪。
汚い政治家と土建屋が結託をして、不必要な工事を、いかに必要と偽装して、お金を浪費させるかが企てられている。

自民公明は実に汚い。
GDP改ざん、働き方改革アンケート調査改ざん、などに代表される様に、五輪の成果も改ざんされる可能性もあると思う。

老害のイメージは、五輪をみに世界各国から人が押し寄せる状態かも知れない。
今はテレビが普及しており、選手の顔アップ、表情など、家でテレビをみる方が余程よく分かる時代だ。
仕事を放り出して、絶対みに行きたいと思う時代ではないと思う。

老害は、他人の金を、自分の金と思い込む
石原慎太郎が任期中にこなした海外出張は32回。そのうち費用が確認できた11年間、計28回分の総額は4億6652万円で1回の平均額は1666万円。
五輪の参考と称して、海外視察したものも多いが、他人が払った税金と言う自覚がない。

石原自身が、東北震災をさして災害は天罰と発言。
その発言がありながら、五輪が東北震災の救済になると言うのは、こじつけでしかない。
それなら、民主党政権ODA削減をして復興支援、議員給料2割削減分も支援へ、という方が合理的である。

電通に依頼した10分間の映像だけで、5億円など、基調な税金だと言う自覚が一切ない。
これも朝鮮学校の支援と同じで、自分で決済しておいて、知らないと嘘を述べた。
自民系には、ろくな人間がいない。
多々浪費をして、難病患者なのどの負担増にしているのは、悪代官の証である。