真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

仙石官房長官を愚弄した、親韓の一色は愚民、そして自民も

☆ 「後ろに回る実力者」「師匠で兄貴」=政界から惜しむ声−仙谷氏死去
(時事通信社 - 10月16日 19:00) http://mixi.at/ago7ppg

仙石を愚弄した、当時海保隊員の一色。
韓国語が好きで自分で勉強していたと明言、妻が韓国人だそうだ(本人談)。
映像流出の親韓バカの一色。
仙石と比較してどちらが反日か一目瞭然でしょうに。

何が、韓国語が好きでだ…(呆れる)

そして自民の大罪も:
小渕密約を踏襲すべく、裏から逮捕した中国人を逃がせと、恫喝をした反日左翼自民。
一体誰が、真の悪党か冷静に考えれば分かるでしょうに。

谷垣自民は記者会見まで開き、逮捕ではなく、強制送還と言う手段をごり押し。
これは「裏から逃がす」を便利なことば「強制送還」に置き換えただけだ。

小泉政権の時に、尖閣諸島に不法入国した中国人を、ろくな取り調べもせず裏から逃がしたが、名目は強制送還だと言う嘘をついて国民の目を欺いた。
中国人は、尖閣諸島に上陸の際に赤いスプレーでバカを意味する落書きをし、器物損壊もしている。

尖閣諸島に不法入国した一部始終、あばれている状態などは、映像に収めた筈だが自民は公開をしていない。
もし、一色に社会正義の観点があるのなら、なぜ自民が隠蔽した映像は暴露しないのかと思える。
親韓の一色に、愛国心や社会正義など存在しないことが、明確に分かる。

そもそも、記録した映像を公開しないと言うフォーマットは自民が完成させたものだ。
これが、通例となってしまっていた。

自民の売国を一切指摘せず、民主党政権だけを批判するのは、論に整合性がない。
また、常識ある社会人として、公正・公平感がない。

さらに民主党が、映像を公開したくない理由があった様だが…
海保隊員が、先に丸腰の中国人に殴り掛かる、場面が収録されていた説があるが、これが全世界に公開された場合、海保の印象が悪くなると判断した為に、伏せたとされている。

武装をした側が、丸腰の側を殴るのは、フェアではないと言う観点から、海保が批判を受けるのではないかと危惧した様である。
これらのことから、民主党の判断が著しく間違っていた事実はなく、むしろ海保の保全をした部分もある。

しかも、海保隊員がもめている場面だけを削除して、それ以外の部分は資料として残されていた。
愚民が、映像全部を削除した様に捏造するが、その事実はなく、削除されたのは問題の場面だけである。
問題の場面以外は、資料として保存する意思が民主党にはあったのだから、これもそんなにおかしいことではない。

以上の様に、冷静に事件を振り返れば、故意に捏造も含めて騒いだ側が反日だと分かる。