真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

左翼安倍自民、北方領土と北問題の断念の愚

☆「北方領土は日本に帰属」消える
外交青書、対北朝鮮圧力も削除 〜
https://this.kiji.is/493208639240275041

 河野太郎外相は23日の閣議で2019年版外交青書を報告した。18年版にはあった「北方四島は日本に帰属する」との表現が消えた。「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」との文言も削除された。4島を実効支配するロシアと、拉致問題解決に応じない北朝鮮への態度を一定程度軟化させることで、それぞれとの交渉を前進させる狙いがある。

 北方領土の記述で19年版は日本の法的立場に関する説明を回避。「問題を解決して平和条約を締結」するとの言い回しにとどめた。18年版にあった「未来志向の発想により、平和条約の締結を実現する」も踏襲しなかった。

(解説)

左翼安倍は、ロシアに3000億円を無償献上し、
北には、5兆円を無償献上することを明言して来た。

左翼安倍の売国が野放しであり、左翼支持者は、なんら売国を止めようともしない。
少しでも、自分は日本人だと思うのなら、左翼安倍の売国を批判して、止める側に回って欲しい。

売国が野放しでは、何も止まりません。
左翼安倍らの、やりたい放題になってしまいます。

売国奴安倍は、北方領土問題を含まない外交をすると明言して、愛国者から軽蔑されています。