真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民「令和ポスター」でマウンティング

今、街中には「令和ポスター」があふれています。
そこには、自民党と書かれています。

元号を考えたのは、安倍でもスガでもなく、有識者とされる人たちです。
これは、自民党政権ではなくても、出来ることで、ほかの政党が政権でも実行されます。

しかし、元号をイベント化して、その成果が、あたかも自民によるものだと言う主張です。
これは、明らかなマウンティングです。
ボスザルを気取る猿が、自分こそが、山の頂点を取ったと思いたい行為です。

思いたい、そう言うことにしたい、と…

そして、
安倍狂信者が、安倍政権だと天皇陛下の露出が多くて良い。
と自身の価値観だけで述べています。

民主党政権の時に、天皇陛下が高齢から、公務がキツイので仕事を減らして欲しいと言う要望が、皇室側から出ていました。
当然、民主党は了承して、仕事を減らす様にしました。

見え方は、色々です。

体調を心配して公務を減らして、露出を減らすことが、思いやりと取るか。
公務を増やして、露出が多いことが、自民の成果と取るか。

同様に、
マウンティグの為に、元号が利用されたと取るか。
単に、自民の成果と取るか。
では、随分と見え方が違います。

元号は、歓迎しますが、税金を使ってポスターを作り、
マウンティングの必要はないと確信します。

お金がないから、国民負担を増すと、明言しておきながら、マウンティングの為に税金を使わないで欲しいです。