真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

北方領土、丸山議員発言について

☆ 丸山議員が辞任否定 「前例をつくってしまいかねない」
(朝日新聞デジタル - 05月20日 11:46) http://mixi.at/a8ooIje

単に丸山氏の発言を叩くだけのマスコミは、意味がないでしょう。
もっと根本をみて、なぜ北方領土が戻って来ないのかを、
周知にするべきじゃないでしょうか。

米軍が、日本のどこにでも基地を作ってよい密約があって、
それをロシアが知っていて、返還してはいけないと思っている訳ですよね。
返還した島に、米軍基地が作られる可能性があるからです。

もっともロシアは、返還の意思がないのかも知れませんが。

私なら、北方領土を安保適応の範囲としないで、
平和の地とすることを前提にして、返還交渉をしますね。

以前、自民小野寺が、安保適応の範囲と言いましたが、
あれでは、故意に返還がない様に仕向けたのと同じでしょう。
相手側にメリットがありません。

かと思えば、自衛隊ミサイル防衛構想が、ロシアに適応していないとか、
防衛機密まで、ロシアに流してるのは、大きな矛盾です。
ロシアは、安倍自民を適当にあしらっても軍事的な脅威がないと認識したでしょう。

丸山と言う議員を晒しあげるだけの行為は、問題の表面だけをみることになります。
もっともっと根本にある問題とは何か?そこまで掘り下げるべきでしょうね。