真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

自民公明の「移民」と 野党の「夫婦別姓」

自民公明は、移民を推進して来ていますが、
これは、現状日本で働く人々に大変不利益な悪法です。

移民を、高度人材と言うことばに置き換えて、
保守層を騙す行為は、実に酷いものです。

安い労働力を引っ張ることが、目的ですが、
空洞化を解消しないまま、行われているもので、
失業者や就労希望者に取っては、大変に迷惑な行為と言えます。

引き込んだ、外国人をより快適に過ごしてもらう為にも、
野党が協力しあって、夫婦別姓を推進しています。

これでは、自民公明の移民を、野党がアシストしているんじゃないですか。

与党の体たらくが一番酷いのですが、野党も本気が感じられません。

本来野党は、移民から日本国民を守るぞ!と強い意志表示があるべきなんです。
ところが、そう言う気概がまったく感じられません。

野党は、一般国民の味方の様に言いますが、現実は違っています。
選挙に擁立される人は、弁護士、アナウンサーなど、お金を持っている人なんです。
貧しい方、庶民の代表者、なんて人はいません。
これでは、一般人の気持ちは、政治に反影されないと思います。

お金を持っていて、知名度の高い人を擁立する。
これのどこが、公平な観点なのでしょう。
女性候補を大事にするのも、自民の女性の社会進出と連動するものです。
自民は、女性が専業主婦とならず、社会で働き税金を収める対象であるべきだと考えています。
野党の、女性候補推しは、自民を助けるものです。

女性が、社会で活躍することは、いいことなのですが、
働かすことが中心では、増々少子化します。

庶民が、一番大事に感じているのは、ズバリ生活のことですが、
戦争法案や、原発のことが、中心となって主張している野党にも問題があります。

自民党内に、消費税増税が強行でいいかどうか疑問視する声も出ています。
野党が、増税延期などと言っている様では、本気ではないでしょう。
やはり、消費税5%まで戻すくらい言う覚悟が必要です。