真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

日本の防衛に関連する米トランプ発言

☆ 石油タンカーの防衛は自国で、米大統領が日本などに要求
http://mixi.at/aa5SGU6 ‬

日本以外にも通達しています。
国内では改憲にこじつける動きもありますが、
事案は正当防衛射撃の適応範囲で、9条からの問題ではないです。

☆ 安保破棄発言、トランプ氏の本音か 変わらぬ「日本観」
(朝日新聞デジタル - 06月25日 20:02) ‪http://mixi.at/aa5Eoyh ‬

過去、尖閣諸島に関しても、日中間の問題だと言い切って来た米国。
本件は、観測気球の可能性も高い。
気になるのなら、憲法範囲内で防衛型弾道弾を所持を。

・・

何かにつけ9条を改定しないから、こうなったと言います。
左翼安倍が推進しているのは、9条の改定ですか?
9条を改定せず、米軍の2軍として、自衛隊を差し出す改憲です。

新安保は、憲法解釈を飛び越えてのものです。
事実上、憲法が無関係になっています。

自衛隊を米国の意向にそう様に動かすために、
緊急事態条項の設置をしようとしているのですから、
日本の自主性向上とは、関係ないです。

また、タンカー事件の犯人は、軍隊でしょうか?テロリストでしょうか?
もし、軍隊ではないのなら、巡視船の随伴が適正となる可能性もあります。

9条以前に、相手が1発でも撃ってきたら自衛の為に反撃していいのが、
正当防衛射撃です。