真実の政治家(保守派通信) 日本国保守政治総合研究所

真の保守を育成して、政治的な世直しをする為の保守派ブログです。

ここ数日間の政府民主党の動き

みておきたい政府民主党の保守的な動き。
海保のビデオ提出要求など、国賊自民党からのものですが、実にいやらしいですね。
そもそも自民党政権情報隠蔽工作をして、動画など公開したことがないのに、自身の売国を棚に上げて批判ばかりです。

韓国の横暴に関しては、国賊自民党が大枚を貢ぎ、技術援助までして日本企業の営業妨害をして来た訳で、真の売国政党自民党です。
日本企業の有志は自民党に投票するべきではないです。
麻生太郎がソーラーの寿命は10年などと発言して、日本のソーラーメーカーの営業妨害もしています。
支那に新幹線技術を流して、支那の営業を助けて国益を損ねているのも自民党です。

慰安婦問題の謝罪、後の文化財返還に火をつけた自民による返還、国内に於ける竹島切手発行妨害など、反日である国賊自民が売国を極めて来ました。
この様な国益に反する、国内最大規模の反日勢力自民党に政権を戻そうと工作する愚民は、日本人ではないでしょうね。

民団・総連を免税にして来たのも自民党とその前身ですし、在日優遇策を実施して来たのも国賊自民党です。
現在も一切反省なしで、政府批判に終始しています。日本の政治を著しく低レベルにしているのが他ならぬ国賊自民党です。
それとは違い、政府の動きは実にいいですね。

・・

■韓国大統領の天皇謝罪発言、首相「常識を逸脱」
 野田首相は23日の衆院予算委員会集中審議で、韓国の李明博(イミョンバク)大統領が天皇陛下訪韓には謝罪が必要だと発言したことについて、 「玄葉外相が言動を改めるようにと抗議した。抗議の中には謝罪、撤回(を要求する意味)が入っているが、改めて謝罪と撤回はやるべきだ」と述べ、李大統領 に対し、発言の撤回と謝罪を求める考えを表明した。

 首相は「天皇陛下から韓国を訪ねたいと要請したことはなく、韓国大統領からの招請はあった。事実関係としておかしい」とも指摘し、「発言の中身は相当に常識から逸脱している」と述べ、強い不快感を示した。

 李大統領は今月14日、韓国・忠清北道の大学の会合で「(天皇陛下が)韓国を訪問したいならば、独立運動をして亡くなられた方々のもとを訪ね、心から謝罪すればいい」などと述べた。
読売新聞 - 08月23日 16:20
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2129749&media_id=20

・・

尖閣上陸ビデオ 海保来週公開へ
 海上保安庁は24日、沖縄県尖閣諸島魚釣島に香港の活動家らが上陸した事件で、野田佳彦首相が「警備の業務に支障が生じない範囲で公開する」と表明したことを受け、撮影したビデオ映像を来週、公開する方針を固めた。

 今後の警備活動に影響が出かねないとの判断から一部は公開されない見通しだが、逮捕された全員が送検前に強制送還されており、公開による捜査上の支障はないと判断した。海保幹部は「社会の要請に応え、できる限り公開する方向で検討している」とした。
産経新聞 8月25日(土)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120825-00000085-san-soci

・・

■首相も「竹島は不法占拠」明言…領土保全に決意
 野田首相は24日、首相官邸で記者会見し、韓国が島根県竹島を不法占拠していると明言し、竹島を含めた領土や領海を不退転の覚悟で守る考えを強調した。

 竹島を巡る首相親書を返送した韓国に対して冷静な対応も求めた。首相による領土・領海に関する記者会見は異例で、国内外に日本の立場への理解を求める狙いがあるとみられる。

 首相は竹島について「歴史的にも、国際法上も日本の領土であることは何の疑いもない」と述べた。その上で、「戦後、韓国は不法な『李承晩ライン』を設定し、力をもって不法占拠を開始した」と指摘した。民主党政権の首相が「不法占拠」の表現を使ったのは初めてだ。

 首相は、韓国の李明博(イミョンバク)大統領による竹島上陸や、香港の民間活動家らの尖閣諸島沖縄県石垣市)への不法上陸事件などに関し、「遺憾の極 みだ。看過することは出来ない。国の主権を守り、領土・領海を守ることに、毅然(きぜん)とした態度で冷静沈着に不退転の覚悟で臨む決意だ」と強調した。
読売新聞 8月24日(金)18時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00001014-yom-pol

・・

■首相記者会見 竹島「韓国が力で不法占拠」
 野田佳彦首相は24日夕の記者会見で、韓国が不法占拠している島根県竹島について、「歴史的にも国際法上も日本の領土であることは疑いない。戦後、韓国は不法な李承晩ラインを一方的に設定し、力を持って不法占拠を開始した」と指摘。「自国の考える正義を一方的に訴えるだけでは建設的な議論は進まない。 国際社会の法と正義に照らして、国際司法裁判所(ICJ)の法廷で議論を戦わせ、決着をつけるのが王道だ」と述べ、韓国にICJへの提訴に応じるよう求めた。
産経新聞 8月24日(金)18時28分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000560-san-pol

・・

■<竹島尖閣問題>「不退転の覚悟で臨む」野田首相会見
 野田佳彦首相は24日夕、首相官邸で臨時に記者会見し、韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領による島根県竹島上陸と、香港の活動家らの尖閣諸 島(沖縄県石垣市)への不法上陸事件について「誠に遺憾の極みで看過できない」と批判し、「毅然(きぜん)とした態度で、冷静沈着に不退転の覚悟」で問題 解決にあたる考えを示した。竹島尖閣諸島の日本の領土としての正当性を強調する一方、中韓両国には「いたずらに国内の強硬論をあおって事態がエスカレー トすることは、いずれの国の利益にもならない」と冷静な対応を呼びかけた。

 首相が領土問題をテーマに記者会見するのは異例。首相は竹島尖閣諸島が日本領となった歴史的な経緯を自ら説明した。特に韓国と非難の応酬が続いている竹島問題に約20分間の会見時間の多くを割いた。

 首相は日本が17世紀半ばには竹島の領有権を確立していたなどと指摘し、「戦後、韓国は力をもって不法占拠を開始した」と明言。「(戦後 賠償、慰安婦問題などの)歴史認識の文脈で論じるべき問題ではない。国際社会の法と正義にかなうのかという問題だ」と述べた。今後は「国際司法裁判所で決 着をつけるのが王道だ」と韓国側に共同提訴に応じるよう改めて求めた。通貨交換協定の拡大見直しなどの対抗措置は明言しなかった。

 首相は会見に先立つ参院予算委員会でも、李大統領の竹島上陸を「不法上陸」と断定。大統領宛ての親書が郵送で返送されたことについて「外交慣例上あり得ない。反論があるなら(大統領の)親書を送り返すべきだ。誠に遺憾で抗議する」と強い不快感を示した。

 外務省が返送をいったん拒否した点は、会見で「(日本側は)一貫して冷静に対応し、礼を失するようなことはしていない。国の品位に欠けると指摘を受けかねないので、(親書の再送付は)考えていない」と述べた。

 一方、尖閣諸島に関し、首相は会見で「歴史的経緯が異なり、そもそも領有権の問題が存在しない」と述べ、竹島との違いを指摘。「清の支配 が及んでいないと確認の上で、明治政府が1895年に編入した。中国が領有権を主張したのは1970年代以降だ」と説明した。不法上陸事件の再発防止に向 け、海上保安庁などの情報収集や警戒監視、体制・装備を強化する方針を改めて示した。

 また北方領土問題については「全国民の問題だ。静かな環境の下でロシアと交渉を進める」と述べた。

 首相はこれらの領土問題に対し、国際社会に日本の正当性をアピールしながら、国際法に基づく平和的な解決を目指す方針を強調。「冷静な対応に努め、外交上の礼節を重んじ、地域の将来のために隣国とともに努力する」と述べ、過度の対立を回避する考えも示した。
毎日新聞 - 08月24日 19:05
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2131355&media_id=2

・・

■玄葉外相、韓国大使に抗議=対話は継続の意向
 玄葉光一郎外相は24日夜、李明博韓国大統領宛ての野田佳彦首相の親書を韓国側が送り返してきた問題で、韓国の申※(※=王ヘンに玉)秀駐日大使 を外務省に呼び、「外交慣例上あり得ない行為に及んだことは、大変遺憾だ」と抗議した。玄葉外相はまた、李大統領が天皇陛下訪韓の条件として謝罪を要求 したことに対し、謝罪と撤回を求めた。

 玄葉外相は、親書の返送について「堂々と韓国側の主張を返信で述べるのが通常だ」と指摘。その上で「難しい問題があっても大局的な観点から冷静に対応すべきだ。対話の扉を閉じてはいけない」と強調した。

 一方、申大使は「独島(竹島の韓国名)は韓国領だ」とした上で、玄葉外相が韓国による竹島の実効支配を「不法占拠」と述べたことに抗議。玄葉外相は「とても受け入れられない。国際司法裁判所(ICJ)で、双方が正々堂々と主張を述べ合えば良い」と反論した。 
時事通信社 - 08月24日 21:05
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2131540&media_id=4

・・

■韓国は「クールさ、あまりに見失っている」首相

 23日の衆院予算委員会集中審議での主な質疑は次の通り。

 ◆領土保全の基本姿勢

 吉良州司氏(民主) 領土・領海を守る首相の決意を。

 野田首相 不退転の決意で毅然(きぜん)とした対応をしていく。

 ◆尖閣諸島

 下村博文氏(自民) 東京都が尖閣諸島魚釣島への上陸申請書を出した。許可を出してほしい。

 藤村官房長官 月末までに総合的な判断結果を出したい。

 ◆韓国大統領発言

 下村氏 韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領の天皇陛下に対する謝罪要求発言に対し、撤回、謝罪を求めるべきだ。

 首相 まず事実関係としておかしな話だ。天皇陛下から韓国を訪ねたいと要請したことはない。発言の中身は相当に常識から逸脱している。玄葉外相が、言動を改めるようにと抗議した。抗議には謝罪、撤回(要求)が入っているが、改めて謝罪、撤回はやるべきだ。

 東順治氏(公明) 首相から大統領への親書が送り返されたらどうするのか。アジア太平洋経済協力会議(APEC)で首脳会談を呼びかけるか。

 首相 首脳間の親書の扱いで、返すということは、あまりにも冷静さを欠いた行動ではないか。我々はクールに大局に立って対応しようと思っているが、先方がクールさをあまりにも見失っているのではないか。会談できるクールさを持っているかどうか見極めなければいけない。
読売新聞 - 08月24日 07:22
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=2130380&media_id=20


無党派、どの党を応援するか決めかねている人大歓迎!

「真実の政治家 保守派通信」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4192418
コミュIDは、良い国、良い輪と覚えて下さい。
☆反民主のコミュではありません。その枠を超える政治の見方をします。

自民党はあり得ない」コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5384125
自民党売国をただし社会の正常化を!